バック | 北九州市八幡西区『パソコン修理・データ復旧』IMオフィス
北九州市八幡西区『パソコン修理・データ復旧』IMオフィス
  1. HOME
  2. パソコン修理
  3. SSD換装|ブルー画面になって起動しないHPディスクトップパソコン

SSD換装|ブルー画面になって起動しないHPディスクトップパソコン

2020年01月24日

本日のパソコン修理は、ブルー画面になって起動しないHPディスクトップパソコンの起動ドライブ修復とSSD換装作業になります。

HPディスクトップパソコン

 

現在の状況は、電源を入れると通常にWindows7が起動します。

ものの数分で フリーズしてブルー画面になりそのまま動かなくなります。

 

まずは、ハードディスクを取りだして一番大事なマイデータの抽出を最優先に行います。

 

まずは、サイドパネルの引手を引っ張ってカバーを外します。

 

 

サイドカバーを外した状態です。

購入から一度も内部清掃をしていないようで、ファン回りにチリが堆積しています。

 

これがハードディスクになります。

 

 

これを取り出します。

 

取り出したハードディスクの状態を確認する為、別のパソコンにUSB接続でつないで、同時にマイデーターの抽出も行います。

 

ハードディスクの状態は、思ったより損傷はひどくありませんでしたが、Windowsの修復の必要があります。

 

それと 使用時間が4万時間を超えているので、とっくに取り替える時期を過ぎている事も踏まえ、SSDに取り替えることにします。

 

この状態でマイデータの抽出を完了したら、次にハードディスクをSSDにクローンして、そこから起動システムの修復を行いたいと思います。

 

ただし クローンができない可能性もあり また出来てもWindwosの修復が完成しないかもしれませんが、その時はWindowsの新規インストールを実施して アプリケーションを新規でインストールします。

その為のマイデーターのバックアップになります。

 

本来であれば Windowsを新規で入れ直した方が、システムとして最適なのですが、現在仕事で使っているアプリケーションの入れ直し等を考えると、クローンでシステムを修復するのが、一番最早くできるからです。

 

ハードディスクのクローンをSSD作成します。

 

クローンが完了したら、SSDをパソコン本体に戻します。

 

この状態で一度起動してみます。

 

電源投入後 すぐにF8ボタンを押して「詳細ブートオプション」を表示させます。

 

その項目に「前回正常起動の構成」を選んでスタートさせます。

 

しばらくすると Windows7が正常に起動できました。

 

Windowsが起動できたので、チェックディスクを実行します。

 

チェックディスクが無事完了すると、Windows7の修復完了となります。

 

後は、ハードディスクからSSDに取り替えた事で、SSDに合った設定を施します。

 

内部が随分よごれていたので、清掃を行います。

 

CPUファンの清掃前はこんな感じ

 

 

清掃後は、こんな感じ

 

 

ケースバックファンの清掃前はこんな感じ

 

清掃後は、こんな感じ

 

 

全体的にこんだけきれいになりました。

 

ケースの外装廻りもきれいに拭きあがて、本日のパソコン修理の完了です。