LIFEBOOK AH77/M
Home > パソコン修理 > SSD換装|回復画面で動かないLIFEBOOK AH77

SSD換装|回復画面で動かないLIFEBOOK AH77

本日のパソコン修理は、Windows10が起動しないで、ブルーの回復画面がでて起動できない、富士通LIFEBOOK AH77/Mの起動ドライブSSD換装作業になります。

 

お客様より 上記に症状でパソコンを買い直した方がいいのか?それとも修理して使った方がいいのか相談が来ました。

 

パソコンをみると4世代のCore i 7で見た目もきれいなノートパソコンでした。

 

キーボードのへたり テカリなどなく これと同じ性能の新品を買うとなると、数十万の出費が必要なので、起動ドライブをSSDに取り換えれば、早く長持ちするので、修理の方がお得だと返答しました。

 

安いパソコンは、4万~6万であるのですが、CPUのパワー不足やHDDの速度が遅いパソコンになるの、どうしても 修理でSSDを載せれば能力の差が出るかと思います。

 

それでは、富士通LIFEBOOK AH77/MのSSD換装作業に入ります。

 

作業はパソコンの裏から開始します。

 

写真位置のカバーをはずします。

 

ネジが数本を見えるのですべて外します。

するとカバーがスライドできるようになるります。

 

次に写真位置のバッテリーを外します。

 

バッテリーを外した後 写真のように見えるネジすべてを外します。

 

ネジを外したら カバーが外れるようになります。

写真左下に既存ハードディスクがあります。

 

このハードディスクを外します。

 

 

写真左が今回新しく取り付ける SSDになります。

右が既存のハードディスクになります。

 

取り外したハードディスクを別のパソコンにつないでデータの抽出を行います。

 

別作業でSSDをパソコン本体にもどして バラシタ逆の手順で組み立てます。

 

組み立てが完了したら USBブートでWindows10をインストールします。

 

SSDとCore i 7の効果ですぐにインストールが完了します。

 

インストール完了後 SSDに特化した設定を施します。

 

オフィスをダウンロード インストールを行います。

 

次に 最新のWindowsにするため、Windowsアップデートを行います。

 

別作業で行っていたデータ復旧作業で抽出したデータをパソコン本体に戻します。

 

最後の動作の確認を行います。

 

インターネットでのネットサーフィン オフィスの起動 他のアプリを起動させて 動作確認をおこないます。

 

終了 再起動を繰り返して 不具合がないか確認していきます。

 

特に問題もなく 快調に動いています。

 

Core i 7とSSDの相性は、バッチリです。

 

これで本日の北九州市パソコン修理の完了です。

 

 

 

 

 

 

HOME