Lenovo G570
Home > パソコン修理 > SSD換装|使い込んだ起動ドライブ LenovoG570

SSD換装|使い込んだ起動ドライブ LenovoG570

本日のパソコン修理は、二世代サンディーブリッジCORE i 7 LenovoG570のSSD換装作業になります。

 

お客様より 「会社の無線LANは、接続できて自宅の無線LANには接続できない 接続アクセスポイントが表示されない」のでみてほしいとの依頼でした。

 

お客様宅で接続確認を行うと a b gすべて認識していませんでした。

 

無線LANアダプターのデバイスマネイジャーの詳細タブを開き aは対応していないので gを有効にします。

 

これでアクセスポイントを認識するようになりました。

 

本来であれば これで作業の完了ですが、パソコンが不安定の状態でした。

 

ハードディスクを調べてみると 2万時間越えですでにイエロー判定でいつ壊てもおかしくない状態でした。

 

このパソコンは、知り合い3万で譲りうけたばかりのパソコンでした。

 

10年前のパソコンでハードディスクがこわれかけたパソコンを3万円は高すぎるように思います。

 

お客様と相談した結果、起動ドライブをSSDに取り換えることになりました。

 

事前にパソコンにクローンソフトをインストールして、SSDにクローンします。

 

パソコンを裏返して バッテリーを取り外して作業開始します。

 

写真位置のネジを外してカバーを外します。

 

カバーを外した状態です。

ハードディスクがみえます。

 

写真位置のネジ2本を外してハードディスクをパソコン本体から取り出します。

 

写真は本体から取り外したハードディスクと新品のSSDになります。

 

ハードディスクからマウンターを外してSSDに取り付けた写真になります。

 

本体にSSDを取り付け パソコンを組み立てます。

 

組み立てが完了したら 電源をいれて パソコンが正常に動くか確認します。

 

無事 クローンが成功して Windowsが動いています。

 

つぎにHDDからハードディスクに取り換えたので、SSDに特化設定を施します。

 

つぎにパソコン内部に不良ファイルと未エントリーにレジストリーを除去するため。CCクリーナーをインストールします。

 

CCクリーナーの実行が終わったら再起動をおこないます。

 

起動したらクローンソフトをCCクリーナーをアンインストールします。

 

最近CCクリーナーをインストールしたままにすると、勝手にCCクリーナーがアップデートしてアドウェアーウイルスに似た動きをする事が確認されているからです。

 

最後にWeb回覧したりオフィスの起動終了 パソコンの再起動や終了したり 動作に異常がないか念入りに検査していきます。

 

SSDにしたこととCORE i 7とメモリー8GBとの相性でとても高速にうごいています。

 

これで本日の北九州市パソコン修理の完了です。

 

 

 

 

 

 

HOME