HPノートパソコン

HPノートPC 劣化したSSDを取り換え 

本日の北九州市パソコン修理・データ復旧は、5年程前にSSDを換装したHPノートパソコンのSSD取り換え作業になります。

このノートパソコンは、12月の末にWindows8.1をWindows10にアップグレードしたパソコンです。

 

事前にアップグレード前の検査としてSSDの状態を確認したところ SSDの劣化がかなり進んでいました。

 

5~6年程度でSSDの劣化が進んでいる理由として考えられることは、パソコンにの電源を切らないで使い続けている事だと思います。

 

それでは、取り換える前に現状の状態を別のSSDにクローンを行います。

 

ソフトは「EaseUS Todo Backup Homeをつかいます。

SSDのクローンを作成中

 

クローンが完了したら現状のSSDをパソコン内部から取り出して、新しく複製したSSDと取り換えを行います。

 

作業は、パソコン裏面より始めます。

パソコンの裏側の写真

 

次にバッテリーを外します。

バッテリーを外した写真

 

写真位置のネジを外して光学ドライブを取り外します。

光学ドライブを固定しているネジを外している写真

光学ドライブを引っ張りだしている写真

 

光学ドライブを外したら 隠しネジがあるので忘れずに取り外します。

光学ドライブを外した後に見える隠しネジを外している写真

 

写真位置の足ゴムに中に隠しネジがあるので、ゴムを外してネジをとりはずします。

足ゴムを外して 隠しネジが見えている写真

 

隠しネジを外したら、黒いカバーが取りはずしができます。

その下に隠しネジがあるので、忘れずに取り外します。

黒いカバー下の隠しネジを外している写真

 

後は、裏面から見えるネジをすべてとりはずします。

すると裏面カバーがそっくり取り外しができます。

カバーを外した写真

 

既存のSSDは、サンディスクの240GBのSSDが換装されています。

 

写真左は新しいキングストーンのSSDで右は既存のSSDになります。

 

新しキングストーンのSSDをパソコン本体の取り付けます。

 

後は、取り外した逆の手順で組み立てます。

 

組み立てが完了したら 電源を入れて起動確認をおこないます。

 

問題なく起動できました。

 

あとは、SSDのあった設定なのか、確認していきます。

 

とくに 常時電源を入れっぱなしのパソコンなので、デフラグが定期的実施されないように停止します。

 

SSDにデフラグは不要です。

 

やれば劣化を早めるだけです。

 

再起動や終了など繰り返し行い不具合がないか確認していきます。

 

インターネットなどやって動作に問題ないか確認します。

 

オフィス系のソフトを起動させて 動作に問題がないか確認します。

 

蓄積されて不要なファイルやジャンクファイルを削除します。

 

例えば、アプリのインストールやアンインストールなど繰り返しやって のこったレジストリーの整理をおこないます。

 

上記二つの作業をやれば、高速化に効果があります。

 

最後に、すべての動作に問題が無い事が確認できたので、本日の北九州市パソコン修理・データ復旧作業の完了です。

HOME


関連コンテンツ