DELL lnspiron 3280 AIO

SSD換装 メモリー増設|DELL lnspiron 3280 AIO

本日のパソコン修理は、「起動速度が遅い DELL lnspiron 3280 AIO」 一体型パソコンのSSD換装とメモリー増設作業になります。

 

以前からお世話になっているお客様より、定期的に会社のパソコンをSSD換装を行っています。

 

今回は、DELL lnspiron 3280 AIOの一体型パソコンで、電源投入から立ち上がりまで相当の時間が要するパソコンです。

 

ハードディスクの破損が無いか検査してからのSSD換装作業の開始です。

 

検査結果は、ハードディスクに異常はありませんでした。

 

遅い原因は、起動ドライブに使うには、回転数が遅いハードディスクが使用されています。

 

メモリーも4GBのシングルでWindows10での使用はちょっと少なくアイドリングの状態で80%近く使用されている為、これも+4GB一枚追加のダブルで装着すれば、速さと容量不足が解消されます。

 

それでは、SSD換装作業を開始します。

 

最初に現状の状態をSSDにクローンします。

 

4時間程度要してクローン作業が完了しました。

 

次にハードディスクの取り換えに入ります。

 

パソコンを裏返してからの作業です。

 

スタンドを外すため 写真位置のカバーを外します。

 

 

スタンドを固定しているネジが見えるので外します。

 

固定ネジを外して スタンドを取り外した状態です。

 

次に裏カバーを外すため へらをカバー隙間に差し込んで止めを外します。

 

ヘラを一周回ってすべての止めを外してカバーを外した状態です。

 

左 中央にある青いラベルが付いたのが、ハードディスクになります。

固定ネジを外して本体からハードディスクを取り出します。

 

写真左は、取り出したハードディスクで右にあるのがクローンを完成したSSDになります。

 

次にメモリーを取り付けるため、写真位置のカバーを固定しているネジをすべて外します。

 

写真は、カバーを外してメモリーが見えている状態です。

メモリーは、4GBの1枚刺さっています。

残り1スロット空いています。

 

空いているスロットに同型規格の4GBにメモリーを追加します。

 

ハードディスクを外した個所にクローンが完了しているSSDを取り付けます。

 

ここで一旦スタンドだけ仮止めして、電源を入れて起動確認をします。

 

問題なく起動ができました。

メモリーにWindows上で確認すると8GBで認識しています。

 

ここで一旦電源を落として 組み立てを行います。

 

組み立て完了後 再度電源を入れます。

 

フリーソフトのCPU-Zをインストールします。

 

CPU-Zを起動させてメモリーのタブを開きます。

 

追加したメモリーと既存のメモリーとで、デュアル動作している事が確認できました。

 

ハードディスクからSSDに取り換えたので、それに沿った設定を行います。

 

CCクリーナーをインストールして不要ファイルの削除と不要エントリーのレジストリーの整理をおこないます。

 

再起動後 不具合が無いか 動作確認を念入りに確認していきます。

 

SSD換装とメモリー増設により 絶大に効果で、同じパソコンと思えない位速くなっています。

 

念入りに調べて結果特に問題ない事を、確認できたので本日の北九州市パソコン修理・データ復旧作業の完了です。

HOME


関連コンテンツ