FMVA53XB
Home > データ復旧 > SSD換装 FMVA53XB

SSD換装 FMVA53XB

本日のパソコン修理は、「自分でSSDを購入してSSD換装をやってみたが、どうしても出来なく失敗するので代わりにやってほしい」との依頼です。

 

パソコンと現在の状況を確認します。

パソコンは正常に起動しています。

 

SSDは、途中で中断していて データは書きこみは、ほとんどされていません。

MBR方式になっていました。

 

パソコンからソフトをインストールしてパソコン側を調べてみるとハードディスクはGPTになっていました。

 

SSDを別のパソコンにつないで 領域すべて削除して何もない状態にします。

 

お客様からは、データとソフトはすべて不要と言うことなので、Windowsを新規インストールする事にします。

 

パソコン本体からハードディスクを取り出して、SSDと取り換えて作業を行います。

 

作業は、パソコン本体裏側開始します。

 

 

下側の大きなカバーを開けます。

 

左側の黒いフィルムの下にハードディスクがあります。

右側がバッテリーになっているので、ハードディスクを外す前に取り出します。

 

次にハードディスクを固定しているマウンターのネジを外します。

 

写真は、本体からハードディスクを外した状値です。

 

ハードディスクについている固定用のマウンターを外します。

写真左は、マウンターを外したハードディスクで右にあるのが、今回取り付けるSSDになります。

 

 

ハードディスクから外した固定用のマウンターをSSDに取り付けて、パソコン本体に取り付けます。

 

後は、バッテリーを取り付けて カバーをとじてWindows10のインストールを開始します。

 

 

インストールUSBメモリーをパソコンに挿してインストールを開始します。

 

今回は、Windows10Ver2004のインストールをします。

 

現状 Windows10の最新Verは20H2になりますが、色々と問題があるみたいなので、Ver2004インストールして問題が無いこと確認してVer20H2にアップデートする事にします。

 

特に問題なく Windows10のインストールが完了します。

 

次に最新のセキュリティー状態にする為、Windowsアップデートを開始します。

 

アップデートが完了後は、動作に問題ないことを確認してVer20H2のダウンロードインストールを実施します。

 

これも特に問題なくアップデートが完了しました。

 

お客様からは、マイデータは不要と言われましたが、よく聞けば あれば助かると言うことなので、旧ハードディスクからデータの抽出を行います。

 

抽出したマイデータをパソコン本体に戻します。

 

デバイスマネイジャーを確認すると未インストールのデバイスがありません。

 

富士通のホームページより該当機種にWindows10の対応ドライバーを確認します。

 

必要となドライバーをダウンロードインストールを完了させます。

 

再起動後 SSDに特化した設定を施します。

 

再度再起動後 動作確認を行います。

 

無線LAN  有線LANの動作確認 ソフトの動作 WEB回覧などして問題が無いことを確認します。

 

特に問題が無いことを確認して本日のパソコン修理の完了です。

HOME