北九州市八幡西区『パソコン修理・出張サポート』IMオフィス

起動途中で止まる NEC LS150/F ノートPC 

2018年03月07日

本日のパソコン修理は、ログイン画面で固まってうごかなくなる NECノートパソコン LS150/F の修理です。

NEC LS150/F

 

現状確認を行ってみますと、Windows10のログイン画面まで行きますが、それから先はハードディスクの点滅も行っていません。

 

お客様の方で数回 電源長押しで強制終了をおこなっていたので、ハードディスクの検査を最初におこないます。

 

本体からハードディスクをとりだします。

 

作業は、パソコン裏側から始めます。

 

最初にバッテリーを外します。

スライドボタンを開閉方向に動かして、バッテリーを持ち上げてはずします。

 

バッテリーが外れたらハードディスクが、側面より見えます。

写真位置のネジ2本を外します。

 

写真位置にハードディスクがあるので、セロファンを掴んで、引っ張りだします。

 

取り外したハードディスクです。

 

外したハードディスクを別のパソコンにつないで検査してみます。

 

検査結果は、幾度の強制終了の為かハードディスクにエラーがあります。

 

この状態でマイデータのマイドキュメント マイピクチャー マイビデオ お気に入り リンク ダウンロード マイミュージックなどをバックアップします。

 

続いて Cドライブ直下にあるNECのアプリケーションのセットアッププログラム ドライバー などのバクアップをします。

 

この状態でハードディスクの再利用をすると すぐまた故障するし Windows7から10にアップグレードしたパソコンなので、リカバリー領域からの 購入時に戻す事ができないので、お客様とご相談して どうせかえるなら SSDに取り替え 新規にWindows7をインストールする事になりました。

 

写真が今回とりつける CFD製の240GBのSSDです。

メモリーなどで、信頼できる有名メーカーです。

 

ハードディスクのあった場所に新しいSSDを取り付けます。

 

とりつけ後 Windows7をインストールをおこないます。

 

ここで注意してほしいのは、Windowsの新規インストール事態は、たいして時間はかかりませんが、その後のWindowアップデートで数時間かかります。

 

パソコン本体のメモリーが少ないと アップデート途中でメモリー不足になり なかなか終わりません。

最低 4GBのメモリーが必要です。

 

私はいつも 一時的に8GBまで積んで アップデート作業をおこなっています。

 

それとアップデートを行う前に事前にアップデートの不具合「アップデートの確認が終わらない すすまない」などの不具合があるので、それに対応した、アップデートプログラムがあります。

 

すべてのアップデートが終われば、事前にバックアップと取っていたマイデータ NECにアプリケーション ドライバーなどを元の場所に戻します。

 

必要とするアプリケーションやドライバーなどをインストールをおこないます。

 

最後は、SSDに特化したチューニングを施して 動作確認を行って 本日のパソコン修理の完了です。

関連記事

  1. DELLノートPC Inspiron 5559 ハードディスクの取り替え
  2. 通電しなくなったディスクトップパソコン修理
  3. DELL Optiplex 3020 SSD換装作業
  4. NEC(VN750/M)一体型ディスクトップパソコン 電源が落ちる
  5. 動き遅いSONYノートパソコンSSD換装
  6. ショップオリジナルパソコン電源BOXの取り替え
  7. FMV-BIBLONB60L/WノートPC起動ドライブの取り替えと旧ソフトのインストール
  8. SSD換装 富士通 ESPRIMO FH550/3B 
  9. SSD換装 NECノートパソコン(PC-LS550HS3EB)
  10. LANケーブルの取り替えとネットワークプリンターの再構築