虎徹Ⅱファン2個取り付け
Home > パソコン修理 > CPUクーラー虎徹Ⅱ ファン追加改造

CPUクーラー虎徹Ⅱ ファン追加改造

本日のパソコン修理は、「自作パソコン RYZEN3700Xに取り付けいるCPUクーラー虎徹Ⅱの冷却ファンを1個追加する」作業になります。

 

そもそも 虎徹Ⅱに冷却ファンの追加を検討しきっかけは、一昨年 REZEN3700Xの自作パソコンを依頼で制作したお客様から、8月中旬くらいに「高画質の写真編集など負荷の高い作業時は、CPUの温度が90度位になっているけど、大丈夫ですか?」とのお問合せでした。

 

温度管理は、「なんで温度を見ていますか?と作ってもらったときにインストールされていた、タスクバーに表示されている温度をみている。」

 

との答えでした。考えてみれば 組み立て完了後 ベンチマークソフトなどインストールして 負荷をかけてCPUやm.2の温度の上昇具合を見たときに、 CORE TEMPをインストールした記憶があります。

 

後でわかったことですが、RYZENシリーズにCPUの温度管理は、フリーのソフトでは正確に温度管理ができないと知りました。

 

AMD推薦のRYZENNマスターなら 正確に温度表示ができるみたいです。

 

私の環境でCORE TEMP とREZENマスターの温度比較をしてみると、約10度前後位 CORE TEMPの方が高く表示されています。

 

お客様にその事を伝えて、RYZENマスターをインストールする事にしました。

 

ただ 私の環境も通常時で42度ほどCPUの温度があるので、ハード面で温度を下げる事を検討してみました。

 

冷却が不十分ではない 90度を超える事は、私の環境ではないので、CPUクーラーを変える事は無し。

 

安価で少しでも効果がありそうな事を模索してみました。

 

その結果 今取り付けている CPUクーラー虎徹Ⅱにもう1個ファンを追加すれば、それなりの効果が期待できそうなのでやってみる事にしました。

 

虎徹Ⅱに使われているファンは、Amazonで探せばありました。

 

ただし 冷却ファンに固定する固定金具クリップが販売されていないので、自作で作る事にしました。

 

AMAZONで1ミリのステンレス棒を探して購入しました。

 

現在取り付けてある 固定金具クリップを取り外して ステンレス棒を曲げていきます。

上虎徹Ⅱ付属の固定金具 下1ミリのステンレス棒

 

虎徹Ⅱに付属する固定金具クリップで下がAMAZONで購入し1ミリのステンレス棒です。

 

これを見まねで加工していきます。

クリップを加工中

 

 

完成は、こんな感じです。

クリップ複製完了

 

ちょっと歪になりましたが、どうにかできました。

これを2個作りました。

 

 

取り付ける前の状態はこんな感じです。

虎徹Ⅱシングルファン

 

 

2個ファンを取り付けるとこんな感じです。

虎徹Ⅱファン2個取り付け

 

温度は、取り付ける前の温度平均 約38度前後でした。

 

取り付け後は、約35度前後で 約3度前後さがりました。

 

負荷をかけた時にどのような変化があるか まだ検証していませんが、少しは効果があるみたいです。

 

夏場にどのくらい変化が出るか楽しみです。

 

 

 

HOME