富士通LIFEBOOK AH40/K
Home > パソコン修理 > SSD換装 富士通LIFEBOOK AH40/K

SSD換装 富士通LIFEBOOK AH40/K

本日のパソコン修理は、回復画面で止まったままで動かくなった Windows8.1の起動ドライブをSSDにWindows8.1をWindows10にアップグレードする作業です。

 

電源を入れてみると、「回復ディスクを入れて・・・修復してください。」との画面が出ています。

 

半年前位から調子が良くなかったという事で、回復ディスクを入れて修復する前に、ハードディスクを取り出してマイデータの抽出とハードディスクの現状を確認します。

 

結果から言うと ハードディスクは、1万時間位使い込んでいた事と 5400回転とひと昔前のS-ATA2のハードディスクディスクなので、SSDと取り替えることになりました。

 

一旦マイデータの抽出を行った後、回復ディスクを使ってスタートアップの修復を行ってみましたが、起動できませんでした。

 

システムの復元で修復も行ってみましたが、これでもだめでした。

 

起動ドライブにSSDを取り付けた Windowsを新規インストールする事にします。

 

起動ドライブの取り替え方法を説明します。

 

パソコン本体を裏替えして作業を開始です。

 

当たり前の事ですが、バッテリーを外して作業を行います。

 

次に写真位置の個所にハードディスクがあるので、カバーを外す為、ネジを取り外します。

 

カバーを外すとハードディスクが見えてきます。

ネジ2本で固定されているので、ネジを外します。

 

ネジを外したら 左方向にスライドさせて本体差し込みより外して、後は手前に引いて取り出します。

 

写真は、今回新しくつけるSSDと今取り出したハードディスクになります。

 

SSDを取り出した個所にとりつけます。

 

後はフタを閉めてWindows新規インストールを行います。

インストールUSBメディアUSB3.0の差し込み口に挿してインストールを開始します。

 

別作業として 他のパソコンで取り外したハードディスクの中身 マイデータの抽出を行います。

当然 ユーザフォルダにはセキュリティーがかかっているので、LINUXベースの復旧ソフトでデータの抽出をおこないます。

 

Windowsのインストールが完了すると、Windowsアップデートで最新のセキュリティー状態にします。

 

Windowsアップデートが完了したら、別作業で抽出したマイデータを新しくWindowsをインストールしたパソコンに保存します。

 

SSDの特快した設定を施します。

 

次に各デバイスに未インストールが無いか デバイスマネイジャーを起動させて確認します。

 

事前にお客様よりメールソフトやマイクロソフトアカント オフィスのライセンスキーなど聞いても全くわからないという事でしたので、憶測でライブメールにアカント情報が無いか確認してみましたが、インストールした形跡がありませんでした。

 

ディスクトップに保存されているショートカットにもそれらしきソフトの形跡もありません。

 

ローカルアカントに切り替えて、マイクロソフトアカントがわかり次第 ログインしてオフィスのダウンロードをするしかないです。

 

後は、パソコンの動作確認を行っていきます。

無線LANが機能しているか?有線LANの速度がしっかりでているか?音声は出力されているか?起動終了時間に問題がないか?突然固まったりしないか?など検査していきます。

 

特問題が無く 快適にうごいています。

 

これで本日のパソコン修理の完了です。

 

※最近 特に最近多くあるのが、マイクロソフトアカント情報がわからない オフィスのライセンスキーがあるかわからない、なんもかんもわからない人がいます。

 

パソコンの使い方がわからないは、わかりますが上記の書類や情報がわからないと、高いお金を出して買った、オフィスのライセンスが無駄になります。

 

修理する方も 何もわからなければ、最も良い状態の修理でお返しできません。

 

購入時の設定してもらったアカント情報や付属品は、大事に保管してください。

 

HOME