ピープー音が鳴って起動できないパソコン修理 | 北九州市八幡西区『パソコン修理・データ復旧』IMオフィス
北九州市八幡西区『パソコン修理・データ復旧』IMオフィス

ピープー音が鳴って起動できないパソコン修理

2015年07月30日

本日のパソコン修理は、電源を入れたらピープー音がなって、起動しないパソコン修理です。
ます 症状の確認で 電源を入れます。やはり ピープー音がなって BIOSの投入画面も出てきません。

 

通常 ピープー音は、マザーボードに取り付けられている、デバイスに異常がある時に知らせ役目があります。

 

音が鳴る事自体 正常な動作なのでマザーボードの故障はないかと思います。まずは各デバイスの差し込み不良がないか 確認するため 一度はづして再度取り付けをおこないます。 デバイスの差し込みチェックが終わったので、電源をいれてみます

 

直っていません。

 

次は、各デバイスを別の部品に取り替えどれが悪いか確認していきます。

 

まづは、簡単なメモリから 既存メモリを取り外し 別のメモリを取りつけます。
電源をいれて、起動確認です。

 

音がならず、BIOSの画面がでてきました。

 

原因は、メモリと判明しました。今度はこのメモリに対して、デラーが無いか「メモテスト+86」でチェックします。

 

チェックは、約30分位の動作完了して、エラーは検出されませんでした。

 

今回は、メモリとCPU冷却ファンのヒートパイプの位置がちかくにありすぎて、熱でメモリが、故障したと思われます。

 

対策として ヒートパイプより 遠く離れたメモリスロットに差し込みました。