Home > データ復旧 > データ抽出とSSD換装|LIFE BOOK AH77/S

データ抽出とSSD換装|LIFE BOOK AH77/S

本日のパソコン修理は、富士通LIFE BOOK AH77/S のデータ抽出とSSD換装作業になります。

 

お客様より「最近 起動速度が遅くなり スタートから起動完了まで相当の時間が要するになったので、SSDの取り替え」の依頼です。

 

現状確認しますと、確かに 電源をいれてから 5分くらいの時間がかかったやっと軌道しています。

 

タスクマネージャーよりデバイスのパォーマンスを確認すると、ハードディスクが100%に上がり切ったままで、下がる気配がありません。

 

ハードディスクの状態が異常みたいなので、クリスタルディスクインフォでハードディスクの状態確認をすると、次の結果内容でした。

 

クリスタルディスクインフォの検査結果

 

ハードディスクがすでに異常な状態で壊れています。

今は、かろうじて起動できている感じの状態です。

 

作業方法として、ハードディスクに異常がるので、クローン作業はを取りやめます。

 

マイデータの抽出を最優先にして 新しいSSDに戻すようにします。

 

お客様の方で用意されている リカバリーディスク マイクロソフトアカント情報 OFFICEのライセンスキー ウイルスバスターの登録情報など、しっかり管理されているので、作業もスムーズに進むかと思います。

 

ハードディスクの取り出しを行います。

作業はノートパソコンの裏側から開始します。

ノートパソコン裏側の写真

 

写真位置の細いカバーを最初に外します。

裏側細いカバーを外す

裏側細いカバーを外した写真

 

カバーを外したら ネジが数本見えるのですべて外します。

ネジをすべて外す写真

 

ネジを外したら カバーをが簡単に外れます。

裏側カバーを外してる写真

 

カバーを外したらバッテリーが見えるので外します。

 

もう一枚カバーを外す為、見えるネジを外していきます。

 

写真を撮り忘れましたが、新しSSDを取り付けた写真と既存のハードディスクの写真になります。

 

既存のハードディスクは、別のパソコンでデータの抽出を行います。

 

取り出すデータは、大事な娘さんとの過去の思い出と嫁入り時の結婚式の写真などです。

 

後は、音楽 ビデオ ディスクトップに保存しているファイルやダウンロードファイル 後は、富士通のアプリケーションやドライバーなど抽出します。

 

別作業として お客様が持参リカバリーディスクで初期化を行います。

 

初期化を開始して分かったことですが、Windows8のリカバリーディスクでした。

 

途中で止めるわけにもいかず、Windows8を一旦インストールを終わらせて、Windows10をインストールする事にします。

 

本来であれば、Windows10をクリーンインストールすれば、パソコンにとって最高の状態かと思います。

 

Windows8のリカバリーを数時間かけて終わらせて Windows10をアップグレードインストールを行います。

 

最近 Windows10 バージョン2004のインストールディスクを作ったばかりなので、一番新しい状態のWindows10の状態になります。

 

時間に1時間かからない程度でアップグレードの完了です。

 

別作業で行っていたデータの抽出が完了しているので、データを本体にもどします。

 

オフィスのインストールするため一旦マイクロソフトアカントに入って、オフィスのダウンロード・インストールを完了させます。

 

次に ウイルスバスターのライセンスもあるので、そちらもダウンロード・インストールを完了させます。

 

筆王などの年間保守も契約されていたので、ソフトのダウンロード・インストールを完了させます。

 

最後にハードディスクからSSDに取り替えたので、SSD仕様の設定に変更します。

 

再起動後 すべての動作確認をおこないます。

 

SSDを換装しているので、動きは早動いています。

 

ただし Windows8からのアップグレードのWindows10なので、すこし重たいような気もします。

 

お客様には、そのことを伝えて「もし不具合などが発生したら、新規でWindows10をインストールします。当然無料でやります」事を伝えて、本日のパソコン修理 データ復旧 SSD換装作業の完了です。

 

HOME