Home > パソコン修理 > 起動画面が出ないショップオリジナルPC修理

起動画面が出ないショップオリジナルPC修理

本日のパソコン修理は、電源ボタンを押した後 起動画面が出ないショップオリジナルPC修理です。

 

お客様より 上記の内容で連絡があり 持ち込み修理依頼がありました。

 

現状確認では、ボタンを押しても 画面に表示されないままで起動しません。

 

マザーボードは、通電しています。

 

まず 考えられるのは、ビデオカードの故障もしくは、電力不足、 マザーボードを想定します。

 

マザーボードから電源プラグを外して 電源BOXの通電 電力など調べるテスターをかけてみます。

 

結果は、電源BOXには、異常はありません。

 

次にビデオカードを調べてみます。

 

一旦ビデオカードを抜いて 再度 挿してみます。

 

症状は、変わらず 起動しません。

 

次に ビデオカードを外して オンボードのビデオで試してみます。

 

すると すんなり起動しました。

 

再度ビデオカードをつけて起動確認をします。

 

やはり 起動しません。

 

一旦ビデオカードを取り出して、ファン廻りの清掃をグリスアップを行ってみます。

 

外したビデオカードを裏返して、カバーとを止めているネジを外します。

 

カバーを外した状態です。

 

次にカバーから冷却フィンを取り外します。

 

ファンカバーと冷却フィンとカードを分離した状態です。

 

最初にファン廻りの簡易清掃を行います。

 

次に古いグリースを取り除いて高性能グリースに塗り直します。

 

バラシタ逆の手順で組み立てを行います。

 

ビデオカードを本体に取り付けます。

 

電源を入れて起動確認を行います。

 

すると ビデオカードから起動できるようになりました。

 

本来であれば、ビデオカードの取り替えになりますが、今回は清掃とグリスの塗替えで起動できるようになりましたが、当面は様子になります。

 

追加作業として、ケース前面にファンがついていなかったので、ファンを取り付けつことにしました。

 

理由として ケース内の空気が流れが、リアファン一つしかないので、悪く 内部配線も飛び出した状態だったので、全面にファンと一つ つけてケース内部の空気の流れを良くして、ケーズ内部の温度を下げる。

 

マザーボードやSSD メモリーなどに熱を持たせないようにする。

 

ケース内に少しの空気の流動があれば、内部の温度は、劇的に変化します。

 

特に今回のケースでは、Core i 7のCPUや 高性能のビデオカードの熱風が内部にこもり、MBやビデオカード

が、一時的に フリースした可能性もあるからです。

 

お客様には、「再度同じ症状が出れば、ビデオカードの取り替えを検討しなければならない」と説明して、本日のパソコン修理の完了となります。

 

 

 

 

 

 

HOME