NEC VX-E
Home > パソコン修理 > ブルー画面になる NEC VX-E SSD取り替え

ブルー画面になる NEC VX-E SSD取り替え

本日のパソコン修理は、Windowsが立ち上がって数分使っていると、突然と固まってブルー画面になり使えない SSD取り替えパソコン修理になります。

 

このパソコンは、中古で購入して日が浅く SSDが換装されているパソコンです。

SSDの稼働時間は190時間位で、ほとんど使っていないパソコンです。

 

故障症状は、数分使うだけで固まり すぐブルー画面になります。

 

スターとアップの修復を行ってみましたが、修復できませんとでます。

 

システムの復元を使用しても、復元に失敗します。

 

チェックディスクをかけてもできませんでしたとなり 修復できません。

 

既存のSSDを取り出して マイデータの抽出を行い 新しいSSDに取り替えることにします。

 

作業は、パソコンの裏側から行います。

 

 

最初にバッテリーを取り出します。

 

次に左下のカバーのネジを取り外します。

 

ネジを外したら、写真の用に指を添えてカバーを外します。

 

カバーを外したら 既存のSSDが見えます。

 

写真のように ひもを引っ張ってSSDをとりはずします。

 

左が既存のSSDで右にあるのが新しく取り付けるSSDになります。

 

この新しいSSDを本体に取りつけます。

 

後は、フタをしめて DVDドライブにディスクをいれて新しいWindows10のインストールを開始します。

 

取り外したSSDは、別のパソコンつないで、マイデータの抽出を行います。

 

Windows10のインストールが完了したら、Windowsアップデートでビルド1909のWindows10にアップデートします。

 

NECのホームページより 必要なドライバーをダウンロード インストールを行います。

 

デバイスマネイジャーより 未認識のデバイスの確認を行います。

 

旧SSDから抽出したマイデータを本体に戻します。

 

新しくなったSSDにSSDに特化した設定を行います。

 

購入から 短い間で 不具合が発生したパソコンなので、同じ事が無いように念入りに動作確認をおこないます。

 

特に問題が無く快適に動いています。

 

これで、本日のパソコン修理の完了です。

HOME