VISTAノートパソコン
Home > パソコン修理 > Webサイトを回覧できない 富士通ノート VISTAパソコン

Webサイトを回覧できない 富士通ノート VISTAパソコン

本日のパソコン修理は、「Webサイトを回覧できない 富士通ノートパソコン Windows VISTA」です。

 

お客様よりインターネットでWebサイトにアクセスすると、セキュリティー・・なんとか出て、どこも見る事が、できないから見てほしいとの事です。

 

Windows VISTAは、マイクロソフトのサポートは、終了しています。

 

VISTA付属のインターネットエクスプローラーのバージョンが古く、回覧できなくなっています。

 

直近の作業では、Windows XPをWeb回覧できるようにしてほしいとの依頼もありました。

 

お客様には、ブラザーが古いので今どきのサイトが見れなくなっている事を伝えます。

 

これに対処するには、ファイヤーフォックスの古いバージョンで見る事で、Web回覧ができるようになります。

 

Windows VISTAに関しては、ファイヤーフォックスVer52までとなっています。

 

モジラのサイトにアクセスして、ファイヤーフォックスVer52 日本語版をダンロードします。

 

ダンロード後 インストールを行います。

 

IEのブックマークをインポートを行いインストールを完了させます。

 

ファイヤーホックスを起動させて、お客様の要望でYAHOOの検索画面をホーム画面にします。

 

これで、問題ないくWebサイトにアクセスできるようになりました。

 

サービスとして Cドライブの容量が120MB程度しか残っていなかったので、テンポラリーファイルの削除や不要レジストリーエントリーの削除を行いました。

 

初期のメーカーソフトがそのまま残っていたので、不要と思われるメーカーソフトを削除します。

 

これで、10GB程度の空スペースができました。

 

マイコンピューターからメモリーの量を調べると1GBしかありませんでした。

 

お客様と相談して 倍の2GBにする事にしました。

 

これだけでも 持ち込んできた時よりずいぶん早くなっています。

 

追加の作業として、マイコンピューターよりプロパティよりシステムの詳細設定よりパフォーマンスより「コンピューターに応じて最適なものを自動的に選択する」を「パフォーマンス優先する」に変更します。

 

壁紙を高画像の壁紙をWindowsクラッシックに変更してメモリーの消費量を減らします。

 

初期設定では、サイドバーが表示されていますが、これも表示をやめます。

 

10年前のウイルスバスターをインストールされていたので、これもアンインストールします。

 

タスクバーに常駐している不要と思われるアプリケーションをすべて終了、アンインストールします。

 

これで、高速設定の完了です。

 

HOME