DELLノートパソコン
Home > パソコン修理 > 起動が遅い DELLノートパソコンSSD換装

起動が遅い DELLノートパソコンSSD換装

本日のパソコン修理は、起動が遅い DELLノートパソコンのSSD換装作業になります。

 

お客様より パソコンが遅く電源を入れても2~5分位待たないと Windowsが起動しないので、パソコンの修理ができなか?の依頼でした。

 

パソコンは3年前位の比較的新しいタイプのDELLノートパソコンです。

 

クリスタルディスクインフォでハードディスクの検査をしてみると、ハードの異常はありませんが、ハードディスクが安価なハードディスクで起動ドライブには向かないハードディスクでした。

 

それと メモリーも4GBのシングルで取り付けてあり Windows10を動かすには少し少ないようです。

 

お客様には、改善策として起動ドライブをSSDに取り換える事とメモリーをもう一枚増やして4GB×2枚のデュアル構成にすることです。

 

お客様の承諾を得て パソコン修理に取り掛かります。

 

まずは、既存のドライブ内容をSSDにクローンを行います。

 

パソコン側にクローンソフトをインストールして SSDをUSB3.0の外付けハードディスクとしてつなげます。

 

既存のドライブが遅いので、4~5時間程度時間がかかりましたら、無事クローン作業終わりました。

 

次に 内部のハードディスクとSSDを取り換える作業に入ります。

 

ハードディスクの取り出しは、パソコン裏面から開始します。

 

まずは光学ドライブの取り出しを行います。

写真位置のネジ1本で固定しています。

 

ドライブを引っ張りだしたら外れます。

 

その他の裏面のネジすべて外します。

ネジが外れたら、写真のように薄いへらを差し込んで裏面カバーを外します。

 

裏面カバーを外した状態です。

 

拡大写真が既存のハードディスクになります。

 

本体からハードディスクを取り出します。

左が取り出した既存のハードディスクで、右にあるのが今回新しく取り付けるSSDになります。

 

ハードディスクについている フィルムと取り出して SSDに取り付けます。

本体にSSDを取り付けます。

 

後は、バラシタ逆の手順で組みてますが、起動確認後メモリーを追加するので、ネジは軽く数本つけるだけにします。

 

電源を入れて クローンが成功しているか確認です。

 

無事見事に起動しました。

 

軽く動作確認をしてみると ものすごく軽く動いています。

 

タスクマネイジャーでメモリーの使用率を確認すると、Windowsの起動だけで約70%の使用率になります。

 

電源を落として 再度裏蓋を外してメモリーの増設を行います。

 

起動後 タスクマネイジャーで確認するとメモリー使用率が約40%まで下がっています。

 

後は、ハードディスクからSSDに取り換えたので、それにあった設定を施します。

 

長年たまった不要ファイルやテンポラリーフォルダにたまったファイルを除去します。

 

次にWindowsの核ともいえる レジストリーの整理を行います。

 

購入から一度のレジストリーの最適化をやっていないので、アプリケーション残骸ファイル等の記録など削除します。

 

再起動ご 購入にインストールされている 不要と思われるアプリケーションもアンインストールして整理します。

再度 レジストリーの最適を行います。

 

再起動が問題がないか、パソコンの動作確認を念入りに調べていきます。

 

特には、問題なく 爆速にうごいています。

 

これで本日の北九州市パソコン修理・データ復旧作業の完了です。

 

 

 

 

 

 

HOME