Home > パソコン修理 > TOSHIBA ノートパソコン修理 SSD換装

TOSHIBA ノートパソコン修理 SSD換装

本日のパソコン修理は、3年前に購入して 2~3回程度起動させて使っていない TOSHIBA ノートパソコン修理のSSD換装作業になります。

 

なぜ使っていないノートパソコンの修理依頼かと言うと、3年間 Windows10のアップデートがされていないので、久々ノート起動させたら アップデート作業中でパソコンがフリーズして ユーザープロフィールにログインできなくなり 終了と起動を繰り返すようになったからです。

 

これから使用する方は、持ち主の大学生の息子さんという事で、ゲームを快適にうごかしたいということなので、起動ドライブをSSDに取り換える事になりました。

 

マイデータも無いということなので、ハードディスクを外して、内部にある再インストール用のアプリケーションやドライバーなどを抽出します。

 

取り外しは、パソコン裏面から開始します。

 

最初にバッテリーとメモリーカバーを取り外します。

 

次に見えるネジをすべて外します。

 

ネジを外したら 写真のように薄いへらを差し込んで、裏面カバーを外していきます。

 

裏面カバーを外した状態です。

 

本体より取り外したハードディスクと今回新たしく取り付けるSSDになります。

 

ハードディスクの方は、別のパソコンにつないでドライバーやアプリケーションの再インストールファイルを取り出します。

 

他にユーザ名の確認とマイデータの有り無しの確認そします。

 

別作業でパソコン本体にSSDを取り付けて 新規でWindows10をインストールします。

 

仮のマイクロソフトアカントで初期設定を行ってインストールを完了させます。

 

ハードディスクから取り出した ドライバーやアプリケーションをパソコン本体に戻します。

 

デバイスマネイジャーから未インストールのデバイスを確認しながら、ドライバーのインストールを行っていきます。

 

あと、今後必要かと思われるアプリケーションもインストールを行います。

 

インストールを完了させて Windowsアップデートで最新のセキュリティー状態にします。

 

ハードディスクからSSDに取り換えたので、SSDに特化した設定を施します。

 

動作確認をすると、ものすごく快適に動いています。

 

後 後日 お客様 たちあいの元で マイクロソフトアカントにログインします。

 

アカントにログインしたら まだOFFICEのインストールとライセンス認証が終わっていなかったので、OFFICEのインストールとライセンス認証を完了させます。

 

これですべての作業 パソコン修理とデータ復旧作業の完了です。

HOME