Panasonic CF-NX3 SSD換装OSグレードダウン | 北九州市八幡西区『パソコン修理・データ復旧』IMオフィス
北九州市八幡西区『パソコン修理・データ復旧』IMオフィス

Panasonic CF-NX3 SSD換装OSグレードダウン

2019年06月29日

本日のパソコン修理は、Windows10にアップグレードされたノートパソコンをもともとのWindows8にグレードダウン及びハードディスクをSSDに交換する作業です。

 

機種は、パナソニックCF-NX3になります。

Panasonic CF-NX3

 

このパソコンの販売時のOSは、Windows8になります。

 

Windows10にアップグレードされていますが、度重なるWindows10の更新により 動きが重く 本来インストールされていたWindows8に戻して 快適に動くようにします。

 

作業方法は、将来Widows10に楽に戻せるように、既存のハードディスクを大事に保存して、新たに購入したSSDにWindows8.1を新規インストールする事にします。

 

まずは、既存のハードディスクを取り出します。

 

空いたスペースに新規のSSDを取り付けます。

 

 

作業は、パソコン裏面より始めます。

パソコンの裏面

 

 

最初にバッテリーを外します。

スライドボタンを動かしてバッテリーを掴んで外します。

スライドボタンを動かす

 

 

バッテリーを掴んで外します。

バッテリーを外した

 

 

バッテリーを外したら ハードディスクを収めてあるカバーが見えるので、ネジ1本を外します。

ネジを外す

 

 

ネジを外したら カバーをスライドさせて外します。

カバーをスライドさせて取り外す

 

 

ハードディスクが見えます。

 

 

中央にある フイルムを掴んでハードディスクを引っ張りだします。

フィルムをだす

 

フィルムを掴む

 

ハードディスクを出す

 

 

本体内部よりハードディスクが出てきたら 写真のようにハードディスクを置いて ケーブルを外します。

内部よりハードディスク出した状態

 

ハードディスクを置く

 

 

ケーブルをはずして、新たに購入したSSDを取り付けます。

ケーブルを外す

 

SSDを取り付ける

 

ハードディスクに付いていたフィルムを剥がして SSDにとりつけて、本体内部にもどします。

 

ハードディスクを取り出した逆の手順で 組み立てます。

 

この機種は、光学ドライブが無いので、外付けDVDドライブをつけて Windows8.1のDVDでブートさせて、インストールを始めます。

 

このとき注意してほしいのは、インストールディスクを入れた状態で、biosの設定に入り ファーストブートを 外付け光学ドライブを選択しますが、ブートさせるDVDが入れていないと、ファーストブートに外付けドライブを選べません。

 

後は、Windows8.1をインストールを行います。

 

インストール完了後 Windowsアップデートを行います。

 

OSインストール直後のWindowsアップデートに不具合があり、事前にいくつかの更新プログラムをインストールしておかないと、Windowsアップデートが進みません。

 

すべてのWindowsアップデートが終われば、SSD特化の設定を施します。

 

最初に外したハードディスクをUSB接続でつないで、マイデータの移行を行います。

 

最後に動作確認をおこないます。

 

起動ドライブをSSDに取り替えた事と、OSを10から8.1にグレードダウンした事により、ずいぶん軽い動作で動いています。