LenovoノートPC
Home > データ復旧 > SSD換装|起動ドライブ不足のLenovoノートPC

SSD換装|起動ドライブ不足のLenovoノートPC

本日のパソコン修理のパソコン修理は、「起動ドライブの領域が少なくなった LenovoノートPCのSSD換装」作業になります。

 

 

現在取りついているSSDは、120GBになります。

 

DVDの書き込み時に書き込みエラーが多発していて、調べてみると まず 残りのディスク容量が数ギガしかありませんでした。

 

ディスクの書き込みと読み込みの検査をすると 読み込みに正常値にはなっています。

 

書き込みの方は、規定値の十分の一程度の書き込み速度になっています。

 

DVDのデータ抽出での書き込み 消去 書き込み 消去の繰り返しで SSDの寿命に達しています。

 

容量がたりない事とSSDの寿命に達しているので、240GBのSSDを取り付けることにします。

 

まずは、現在動いているのでこのパソコンにSSDを複製できるクローンソフトをインストールします。

 

データ領域がすくないので、最初に不要ファイルの削除と後で簡単にインストールできるソフト数本をアンインストールします。

 

インストール領域を確保出来たら、クローンソフトのインストールをします。

 

インストールが完了したら、クローン中にスタンバイモードに入らないように、常時電源ONとしときます。

 

それと Windows10に装備されている高速起動を無効にします。

 

これをonにしたままにすると、クローンが成功してとりつけたSSDが起動に失敗する可能性があるからです。

 

準備ができたら、旧120GBのSSDの複製を新240GBのSSDにクローンを作成します。

 

クローンが完成したら、SSDの取り出しを行います。

 

作業は、パソコンの裏側から開始します。

パソコン裏側

 

いつも通り バッテリーの取外しから始めます。

写真位置のネジ2本を外します。

次にバッテリーを引っ張ると、取り外せます。

 

次にL字方のカバーを外しますが、ネジ2本で固定されているため、ネジを外します。

 

ネジが外れたら 写真のようにカバースライドさせて取り外します。

 

カバーを外した状態です。

左下に見えるのが、SSDになります。

 

SSDを固定しているネジをすべて外します。

 

ネジを外したら、写真のようにSSDをスライドさせて本体より取り出します。

 

取り出した SSDを固定用マウンタ―を外します。

 

外したSSDのデータ一式をまるまる新しいSSDにクローンします。

マウンタ―を外したら、新しいSSDにマウンターを取り付けます。

 

マウンターを取り付けたら パソコン本体にSSDを戻します。

 

逆の手順でパソコンを組み立てます。

 

組み立てが完了したら、電源を入れます。

 

問題なく起動する事ができました。

 

ここからまだ作業がります。

 

本来SSDからSSDに取り替えたので、必要ないかもしれませんが、一応SSDに特化した設定を再度行います。

 

すべての設定が完了したら、本日のパソコン修理の完了です。

 

 

 

 

 

 

HOME