北九州市八幡西区『パソコン修理・出張サポート』IMオフィス

速度の遅いパソコンを簡単に早くする方法

2016年05月14日

大手パソコンショップで取り扱っている、中古のノートパソコンを購入して、「使い込んでいいくうちにだんだん速度が遅くなった。」 インターネット回線を新規で契約したら、もれなくノートパソコンがもらえるなどのパソコンで、同様に「使い込んでいいくうちにだんだん速度が遅くなった。」って設定依頼にこられます。

 

この傾向の共通点として言えることは、「搭載メモリー量が少ない」ことです。

 

ちょっと前にもってこられてノートパソコンは、Windows7のノートパソコンでしたが、元はXPがインストールされていたパソコンでした。

 

当時としては、1GBの搭載メモリーでもXPを動かす事はできたのですが、7では1GB位のメモリーでは、すぐにメモリー不足になって今します。

 

パソコンの活用方法によって、ちがいますが 主に事務処理で使うのであれば、Windows7では、最低 2GBの搭載メモリーが必要かとおもいます。

 

これが、写真の加工やなど行うとなれば、4GB搭載されていれば、快適に使えるかと思います。

 

少ないメモリーで快適に使うためには、少しでもOSが消費しているメモリーを少なくすることです。簡単に言うと 派手な壁紙やデザインを排除してシンプルで負担がかからないような、デザインに変更することです。

 

簡単に行うには、次に設定を行ってください。

マイコンピューターをクリック→システムのプロパティタブをクリック→システムの詳細設定をクリック→パフォーマンスの設定をクリック→「コンピューターに応じて最適なものを自動的に選択する」を「パフォーマンスを優先にする」に変更します。

あとは、「OK」タブをクリックします。

 

それをするだけでも、見違えるようにパソコンが早くなると思います。

金銭的に余裕がるのであれば、メモリーを増設するのが一番です。

 

関連記事

  1. LIFEBOOK AH30/Eハードディスクの取り替え
  2. 有線ルーター(BBR-4HG)を無線ルータ(WSR-300HP)と取替え
  3. NEC HF150/B 起動ドライブの取替え
  4. Windows7から8.1にアップグレードと内部清掃
  5. Panasonic CF-B11  SSD換装作業
  6. VGA出力端子の無い一体型ディスクトップパソコンを拡張モニターを増設する。
  7. 富士通ノートパソコン アドウェアウイルスの駆除
  8. LIFEBOOK AH53/EA  ユーザーアカントにログインできないWindows10
  9. データ復旧及びHDD取り替え後のハードディスクの取り扱い
  10. HDDの取り替えと熱対策