PC-NS150AAR

NECノートPC高速化 SSD換装

本日のパソコン修理は、起動動作が遅いNEC PC-NS150AARのSSD換装作業になります。

 

お客様より パソコンの起動が遅いので ハードディスクをSSDに交換したら速くなると聞いたのですが?

 

と言うことでSSD換装作業することになりました。

 

起動して タスクマネイジャーでCPU メモリ HDDの負荷率を見てみると HDDが常に100%になっている状態でした。

その次にメモリ約60%くらいの使用率家 CPUは、幅広く30~95%程度の負荷率で稼働しています。

 

この状態でHDDをSSDに取り換える事で、次に遅いメモリの負荷率で稼働する事になります。

 

本来であれば メモリも4GBから8GBにアップすればもっと早く高速化の恩恵を受けるのですが、予算的に古いパソコンなのでお金をかける事は避けるべきです。

 

まずは クローンソフトをインストールして既存のHDDの状態をUSB接続でつないだSSDにクローンします。

 

クローンが完了したら、HDDとSSDを入れ替えます。

まずはパソコンを裏返します。

 

バッテリーを外しておきます

 

写真位置のネジ5本を外します。

 

ネジを外したら カバーをめくります。

 

 

するとハードディスクが見えます。

 

このハードディスクを取り出します。

写真は取り出したハードディスクとクローンが完了したSSDになります。

 

ハードディスクについているマウンターを外してSSDに取り付けます。

 

マウンターをSSDに取り付けたら、パソコン本体にSSDを取り付けます。

 

あとは、バラシタ逆のの手順でパソコンを組み立てます。

 

電源をいれて起動確認を行います。

 

無事Windowsが立ち上がりクローンは成功しています。

 

ハードディスクからSSDに取り換えたので、それにあった設定に変更します。

 

次にメモリも60%程度消費しているので、メモリの節約できる設定に変更します。

 

次にCCクリーナをインストールして長年溜まった不要ファイルの整理とレジストリーの整理を行います。

 

再起動後 購入時にインストールされたWindows10に不要と思われる古いアプリケーションをアンイストールしていきます。

 

いくつかのアプリケーションをアンインストールした後 再度CCクリーナーを起動させて不要ファイルの整理とレジストリーの整理をおこないます。

 

再起動が不具合が無いか 再起動や終了など繰り返して検査していきます。

 

WEB回覧してフリーズしたり 急に遅くなったりしないか確認していきます。

 

オフィスのソフトを起動させて起動の失敗や 読み込み不良が無いか確認していきます。

 

問題が無い事を確認して本日の北九州市パソコン修理・データ復旧作業の完了です

 

 

 

 

 

 

 

 

メモリー

HOME


関連コンテンツ