Home > パソコン修理 > SSD換装 東芝dynabook T451/57DBD

SSD換装 東芝dynabook T451/57DBD

本日のパソコン修理は、起動できなくなった東芝dynabook T451/57DBD の換装作業になります。

最初にハードディスクを取り出して、マイデータの抽出 損傷状態を確認します。

 

取り出しは、パソコンの裏側から取り出します。

 

当たり前の事ですが、バッテリーを取り外してからの作業開始です。

 

左隅にある四角カバーのネジを外して カバーを取り外します。

 

カバーを外して ハードディスクが見える状態です。

 

取り外したハードディスクとSSDになります。

 

ハードディスクを固定していたマウンターを取り外して、新しく取り付けるSSDに取り付けます。

マウンターを付けたらパソコン本体に取り付けます。

 

別作業としてハードディスクの状態を調べてみると 損傷がひどく 最低限のデータ抽出作業そすることしかできません。

 

SSDを取り付けたパソコンにWindows10を新規インストールを行います。

時間にして約1時間程度で インストールから更新プログラムのインストールが完了します。

 

インストール完了後 先ほど抽出したデータをパソコン本体に取り込み保存します。

 

保尊したデータないにハードディスクから取り出した、ドライバーなどがあるので、デバイスマネイジャーを開いて未インストールのデバイスを確認していきます。

 

数個の未インストールのデバイスがあったので、該当するドライバーを探し当てインストールします。

 

一つだけデバイスがインストールが完了しません。

 

仕方のないので、ハードディスクのSYSTEM32を参照させて ドライバーのインストールを行います。

これですべてのデバイスのインストールの完了です。

 

次にハードディスクからSSDに交換したので、SSDに特化した設定を施します。

 

CCクリーナーをインストールして 不要ファイルの除去やレジストリーの整理除去を行います。

 

再起動後 各動作確認をしていきます。

 

まずは、ブラザーを開いて ネットサーフィンをおこなってみました。

ものすごく快適に機敏に動きます。

 

次の ランダムのアプリケーションを動かしてみます。

これも 快適に機敏に動いています。

 

クリスタルハードベンチで ハードディスクの実行速度を調べてみます。

 

SSDのパッケージにか書かれている速度は、しっかり出ています。

 

特の問題なく 快適にうごいているので、本日のパソコン修理の完了です。

 

追加

最近特に修理が多いのは、インテル2世代から3世代にあたるCPUを搭載したパソコン目立ちます。

搭載発売から9年近く経過しているので、年代的にも故障リスクが高まっていると思われます。

 

このころのパソコンは、飛躍的に能力が向上しているので、ハードディスクのをSSD化とメモリーが4GBであれば8GBにアップすれば 今時の安価なパソコンを買うより快適に動いてくれます。

 

HOME