起動しないLenovo G560  SSD換装作業 | 北九州市八幡西区『パソコン修理・データ復旧』IMオフィス
北九州市八幡西区『パソコン修理・データ復旧』IMオフィス

起動しないLenovo G560  SSD換装作業

2019年04月23日

本日のパソコン修理は、Windows7が起動しないLenovo G560 のWindows7新規インストールとSSD換装作業 です。

LenovoG560

 

現状は、電源投入後 Windows7のロゴ画面の状態で、止まったまま動かなくなります。

 

パソコンの年数からみて ハードディスクの損傷が考えられので、まずはマイデータのバックアップを優先して ハードディスクの状態を確認します。

 

Windowsが立ち上がらないので、ハードディスクから直接データ抽出を行います。

 

ハードディスクの取外しを行います。

 

作業は、パソコン本体裏面より作業を始めます。

 

まずは、バッテリーを外します。

 

次に写真位置のカバーを取り外します。

カバーを固定しているネジすべてを外します。

 

ネジを外したら 写真位置のクボミに指をかけてカバーをめくります。

 

カバーを外した状態です。

丸で示した位置が、ハードディスになります。

 

写真位置のネジを外します。

左右2本あります。

 

ネジを外したら 写真の黒いセロフィンを掴んで 下方向にスライドさせて 差し込み口から外します。

 

挿し込み口から外れたら、ハードディスクを持ちあげて 本体よりとりだします。

 

ハードディスクを本体より外した状態です。

 

外したハードディスクの側面のネジ4本を外して、金具を取ります。

 

写真左に有るのが、新しく取り付けるSSDで 右にあるのが既存のハードディスクです。

 

取り外したハードディスクを別のパソコンにUSB接続でつないで、データの抽出を行います。

 

クリスタルディスクインフォでハードディスクの検査結果は、危険な状態で不良セクターが多数発生していました。

 

幸い マイデータ部分には、読み込み不良はありませんでした。

 

先ほどハードディスクから外した金具を、SSDに取り付けます。

 

SSDをパソコン本体に取り付けて カバーを閉じます。

 

新規でWindows7をインストールします。

 

Windows7のインストールが完了後 WINDOWSアップデートを行うのですが、事前にアップデートの不具合(アップデートが終わらないなど)の不具合を解消する修正プログラム「KB3138612」を事前にインストールします。

 

windows7新規スンストールごのアップデートプログラムは、約200件ほどあります。

 

半日程度時間をかけて終わらせます。

 

Lenovoのホームページより ドライバー等のダウンロードインストールを行います。

 

デバイスマネイジャーを確認して未認識のデバイスが無いか確認します。

 

デバイスはすべて認識しているので、SSDに特化した設定を行います。

 

後は、必要なソフト(OFFICE)などをインストールを行います。

 

動作確認をおこなって 特に問題はありませんでした。

 

後日 お客様宅に伺い インターネットの接続とプロバイダー提供のウイルスソフトのインストールをおこないすべての作業の完了です。