ウインドウズXP ノートパソコン起動速度改善 | 北九州市八幡西区『パソコン修理・データ復旧』IMオフィス
北九州市八幡西区『パソコン修理・データ復旧』IMオフィス

ウインドウズXP ノートパソコン起動速度改善

2015年06月28日

本日のパソコン修理は、ウインドウズXPノートパソコンの起動速度改善の修理です。

該当パソコンはノートパソコン OSは、ウィンドウズXP CPU CORE2DUO  メモリ DDR2 1GBのパソコンです。

XPであれば どうにかこうにか動くパソコンですが、インストールソフトが多くスタートアップに常駐しているソフトが以上に多く メモリ不足になっています。

タスクマネイジャーで確認すると、起動だけで 90%位のメモリが消費しています。

1GB(256MB*2枚)を2GB(512MB*2枚)に変更です。裏面のカバーをはずして2枚のメモリを取り外します。代わりに512MB*2枚を挿して起動してみます。

マイコンピュータのプロパティより メモリ容量を確認すると、しっかりと2GBと認識しています。タスクマネイジャーよりメモリ消費量をしらべると全体の50%位に落ちています。 詳細メニューより表示方法をパフォーマンス優先にして、再起動です。

タスクマネイジャよりメモリ消費量を調べると全体の35%になっていました。数本のソフトを起動させてみましたが、スムーズに動きます。再起動を行ってみましたが、起動までの時間も少し早くなっています。

 

パソコンのチューニング 起動速度の改善などは、当社におまかせください。電話1本で、お伺いします。