NEC PC-GN224Y3A5
Home > データ復旧 > NEC PC-GN224Y3A5 / データ復旧 抽出

NEC PC-GN224Y3A5 / データ復旧 抽出

本日のパソコン修理は、マザーボードの故障で動かない NEC PC-GN224Y3A5のノートパソコンからのデータ復旧 抽出になります。

 

作業方法は、パソコンが動かないので 本体から起動ドライブ本体を取り出して 別のパソコンからデータ復旧 抽出を行います。

 

ハードディスクを外して 別のパソコンにつなげば すぐにデータが抽出できるわけではありません。

 

Windows以外のLINUNXやマックならWindowsのセキュリティーを無視してデータの抽出はできますが、Windowsで抽出となると アクセス制限がかかった マイデータのユーザーフォルダにアクセスできません。

 

そこは、復旧ソフトでの抽出となるわけで、だれでもかれでもできる分けではありません。

 

それでは、作業に入ります

 

作業は、パソコン本体裏面より作業を開始します。

パソコン裏側から見えるネジすべてはずします。

パソコンを裏返して外周回りのネジを外している写真

 

するとカバーは、すんなりと外れます。

外周回りのネジを外した後 カバーを外している写真

 

裏面カバーを外した状態です。

カバーを外して中身が丸見えの写真

 

次に このタイプは、内部にバッテリーが格納してあるので、カバーを外し差なければ、バッテリーを外すことができません。

 

写真位置がバッテリーになりますので、マザーボードにつながっているコネクターを作業前に外しておきます。

マザーボードに接続しているバッテリーのコネクターを外している写真

 

次にこの機種は、S-ATAのハードディスクではなく、M.2の最新のSSDになっています。

 

S-ATAのSSDは、転送速度は、約5Gbpsの速度が出ます。

 

一方 M.2のNVMEは、30~40Gbps 最新のREZENのサーポートしているM.2のNVMEは、50Gbpsです。

S-ATAの約10倍の転送速度になります。

 

これを本体より取り出して USB接続ができるように 変換アダプターにつなぎます。

 

写真がNVME用のUSB接続の変換アダプターです。

本体よりM.2のSSDを取り出してUSB接続のマンタ―の取り付けた写真

 

変換アダプターを取り付けたらパソコンにつないでデータの抽出を行います。

USB Cタイプのケーブルを使ってパソコンにつないでデータ抽出中の写真

 

Cタイプの変換アダプターを取り付けて CタイプのUSB接続端子につないでいるので、転送速度が10Gbpsの速度になります。

 

データ復旧ソフトでデータの抽出を開始します。

 

この接続だと データの抽出も早く簡単に抽出できます。

 

取り出したデータを別のポータブルハードディスクに収めます。

 

収めたデータを抽出データと比較して取りこぼしが無いか確認します。

 

最後にお客様にデータの確認をしてもらいます。

 

問題が無いことを確認して 本日のパソコン修理データ 復旧 抽出作業の完了です。

 

 

 

 

 

HOME