北九州市八幡西区『パソコン修理・出張サポート』IMオフィス

富士通LIFEBOOK AH30/C をSSD化とメモリ増設

2017年03月23日

本日のパソコン修理は、起動が遅く 作業に支障をきたすということで、富士通LIFEBOOK AH30/CのハードディスクをSSDに交換とメモリーの増設の作業依頼です。

富士通LIFEBOOK AH30/C

 

まずは、簡単に終わるメモリー増設作業からです。

パソコンを裏面にします。

 

裏面中央の上の写真で示す位置のネジを外します。

外したら フタをめくります。

 

既存のメモリ1枚×2GBのメモリーが見えます。

 

このメモリーを取り外します。

注意としてメモリーチップをつかまないでください。

写真のように、両端を掴んで 留め金を広げて外します。

 

写真で示すのが、今回新しく取り付けるメモリーになります。

今回は、2GB×1枚のメモリーを外して 新しく2GB×2枚を取り付けます。

理由として 既存のメモリーと同じメモリチップでないとエラーを起こす可能性があるので、あらたに2枚を購入することにしました。

1枚で稼働させるより2枚でデュアルで動かした方が、高速に動くのです。

写真は、メモリーの色は違いますが、同じブランドのメモリーチップになります。

 

メモリー2枚を取り付けた状態です。

後は、蓋をしめて 一度起動させて メモリーテストを実行いたします。

 

特に問題なかったので、今度はハードディスクをSSDに交換する作業に入ります。

又パソコンを裏面にします。

 

写真で示す位置がハードディスクがある場所で、ネジ2本でカバーを止めています。

1本目のネジを外す

 

2本目のネジを外す

 

ネジが外れたら、少しかたいですが、写真で示す方向にカバーをスライドさせて外します。

 

ハードディスクを収めている 収納ケースが見えます。

合計3本のネジで固定しているので、すべて外します。

1本目のネジを外します。

 

2本目のネジを外します。

 

3本目のネジを外します。

 

ネジをすべてを外したら、写真で示す方向にケース事 引っ張り出します。

 

 

ケース事はずしたら、ケースからハードディスクを外します。

ネジ4本で止まっているので、すべて外します。

 

ケースとハードディスクを外した状態です。

 

写真右が既存のハードディスクで左にあるのが、今回新しく取り付けるSSDで容量は240GBあります。

 

新しく購入したSSDに、既存のハードディスクの中身をすべて移行を行います。

別のパソコンにUSB接続でつないで、HDDの環境すべてをSSDに複製します。

 

複製が終わったら SSDをパソコン本体に戻します。

電源をいれて 起動確認を行います。

 

このときが、一番ドキドキしますね。

問題なく起動できました。

 

後は、SSD特有の設定を施します。

これで すべての作業は完了です。

 

関連記事

  1. 無線ルーターの買え替えの注意点
  2. 増設ドライブを認識しなくなったパソコン修理
  3. Panasonic CF-510 SSDに交換
  4. DELLVostro200 WindowsXPの再インストール作業
  5. Dynabook B452/H HDDをSSDに変更とメモリーの増設
  6. Panasonicノートパソコン CF-SX1 ハードディスクをSSDに交換
  7. 容量不足の起動ドライブ(ハードディスク)を交換
  8. 自作パソコン Windows7 32bit版を64bitに入れ替えをする
  9. パスワードを忘れてログインできなくなったWindows10
  10. 突然と電源が入らなくなったショップオリジナルPC