Satellite T874/77K
Home > パソコン修理 > SSD換装 | Satellite T874/77K 起動しなくなったノートパソコン修理

SSD換装 | Satellite T874/77K 起動しなくなったノートパソコン修理

本日のパソコン修理・データ復旧は、起しなくなったTOSHIBA dynabook Satellite T874/77K のパソコン修理になります。

 

お客様より「ノートパソコンが起動しなくなった、知り合いの詳しい人に見てもらったら、SSD HDDともにデータは消えていて、その影響と思われるマザーボードも故障しているんじゃないか」と言う判断でした。

 

中古で買って半年で動かなくなって、高価なノードパソコンだったので、どうにか修理ができないか?

 

電源は入っているし TOSHBAのロゴもでているしBIOSの画面も入れるので、マザーは大丈夫との私の見解でした。

 

ただし SSDとHDDは認識していませんでした。

なぜ認識していないか、中身を空けて調べてみます。

 

それでは、起動ドライブを取り出してマイデータの抽出を行ってからの作業を開始です。

 

まずは、パソコンを裏返してバッテリーを取り出します。

 

L字方の裏面カバーの固定ネジを外します。

 

カバーを外すと SSDとHDDがついています。

 

SSDとHDDを取り外します。

SSDの方は起動ドライブと思われますが、固定ネジがついていませんでした。

 

HDDの方は、HDD固定用のゴムがついていなく、すでにソケットから外れていました。

 

まずは、SSDを別のパソコンにつないで検査してみます。

 

結果は、全く認識しません。

 

次にHDDの方を検査してみます。

 

こちらは、認識しました。

バックアップファイルが保存しています。

 

ただし 使用時間が2万時間近くになっています。

いつ壊れてもおかしくない状態です。

 

BIOSに認識しなかったのは、ソケットから外れていた為でした。

 

既存のSSDからマイデータの抽出ができないので、新しいパソコンにSSDを取り付けて新規でWindowsをインストールします。

 

左にあるのが、既存のSSDで あまり見ることが無いSSDです。

右にあるのが、今回新しく取り付けるSSD CFD製のSSDになります。

 

 

新しいSSDを取り付けた状態です。

 

蓋をしめてWindows10のインストールを始めます。

 

インストールは、20~30分程度で完了します。

Windowsアップデートで最新のセキュリティー状態にします。

 

TOSHIBAのホームページに入り 機種専用のドライバーを検索インストールします。

 

数回の再起動を行って動作確認をします。

 

お客様のご要望でメモリーをMAXまで積んでほしいとのことでしたので、機種の情報を調べてみます。

 

この機種は、内臓で4GB×2枚の8GBが最初からついているみたいです。

 

MAX は、24GBとなっているので、内臓8GBに対して追加8GB×2枚の16GBを追加できることになります。

 

お客様の方で追加スロットに4GB×2枚を追加しているので、それを取り外して 8GB×2枚を差し替えます。

 

もともと計16GBのメモリーを積んでいたのでたいして変わりはありません。

 

SSD特化した設定を施します。

 

インターネットやアプリを動かして動作確認をしていきます。

 

ACアダプターを抜いて数時間放置してみたら、ボタン電池がなくなっているみたいで、時計に時間がくるっていました。

 

ボタン電池を取り替えて、BIOSの設定を見直して 時計を合わせます。

 

再度 ACアダプターを抜いて放置して 起動させてみます。

 

問題なく起動できるし時計もずれる事はありませんでした。

 

中古のパソコンの修理購入して修理依頼を見てよくある事が、使い古したハードディスクやSSDを使っていいる事がよくあります。

 

壊れていないので、問題はないと思いますが、数か月 正常に動けばいい みたいな感じで販売されているのでしょ。

HOME