パナソニック CF-NX3
Home > パソコン修理 > キーボード交換 | パナソニック CF-NX3

キーボード交換 | パナソニック CF-NX3

本日のパソコン修理・データ復旧 抽出作業は、一部のキーが反応しない パナソニック CF-NX3のキーボ―ド交換作業になります。

 

現状確認をしてみます。

キーボードを押してみると 一部のキーだけ反応していません。

 

特に乱暴に扱った形跡もありませんが、キーの印字が微かに消えかかっている程度です。

 

USBポートの外付けキーボードをつないでみると、問題なくキー入力ができます。

 

キーボードの劣化の為、交換する事にします。

 

作業開始は、パソコンの裏面より開始します。

 

一番最初に必ずバッテリーの取外しを行います。

 

写真下は、新しいキーボードになります。

既存のキーボードと比べて 相違が無いか確認します。

全く同じキーボードです。

既存のキーボードと新品にキーボードを比べると 既存のキーボードは使い込んである為、キー表面にテカりがあります。

 

キーボードの隅からへらを差し込んでキーボードをはがしていきます。

パナソニックは、キーボードを両面テープで固定しています。

両面テープをゆっくりへらでコサギながら、キーボードをめくっていきます。

 

キーボードを取り外した状態です。

まだ フラットケーブルに接続されています。

 

既存のキーボードのフラットケーブルを外し 新しいキーボードにつなぎ直します。

新しいキーボードに両面テープを貼り付けます。

 

テープをはがして本体に接着します。

バッテリーを取り付けて電源を入れてみます。

各キーをタッチしていきます。

すべてのきーが問題なく入力できます。

キーボードを新品にしたので全体的にきれいになったように見えます。

 

今回パナソニックのキーボードを交換するにあたり注意事項として以下の点があります。

 

1 外したキーボードは、基本的に再利用できな程曲がってしまいます。

2 中古のキーボードは、本体より取り外したキーボードになる為、どんなにうまく外しても反り返っているる。

3 よってオークションなどで、中古のキーボードを販売しているが、新品以外購入を控えてた方がいいと思われます。

 

これで北九州市八幡西区パソコン修理・データ復旧作業の完了です。

 

HOME