北九州市八幡西区『パソコン修理・出張サポート』IMオフィス

富士通ノートパソコン新規設置と引越し作業

2016年08月30日

本日のパソコン修理は、富士通ノートパソコン「FMV-BIBLO NF/D50」のビスタパソコンのデータや設定を新しく購入した「LIFEBOOK AH42/X」に引っ越し作業です。

P1060498

 

まずは、旧パソコンを起動させます。

Windowsメールから、メールアカントのエクスポートを行います。

 

つぎに、マイデータの抽出を行います。ユーザーにアイコンを表示させます。

中にある マイドキュメントやマイピクチャーなどのデータをすべて別のハードディスクに保存します。

 

次に無線LANの設定ですが、WINDOWS7であれば 無線LANの設定をUSBにコピーして簡単に複製できるのですが、ビスタにはこの機能はありません。

 

次は、新しパソコンの新規セットアップに入ります。ご依頼されたお客様は、まだマイクロソフトのアカントを取得されていないので、そこから始めます。

 

マイクロソフトのアカントを取得するには、メールが必要なのでGメールを使用します。

 

まずは、グーグルにアカントの取得を始めます。インターネットの検索画面より「グーグル」などのキーワードを入力してグーグルのログイン画面に行きます。

 

こそこから、グーグルアカントの新規をクリックして、各項目に必要事項を入力していきます。するとグーグルのアカントを取得できるので、Gメールも同時に取得できます。

 

Gメールがとれたら、Gメールのログイン画面で確認のため、送受信を行っておきます。確実にできるのを確認してGメールは完了です。

 

次にマイクロソフトのアカントの取得です。あたらしく購入したパソコンに電源をいれると、ユーザー名の入力画面やパスワードの設定画面が出てきますので、旧パソコンと同じ名前とパスワードを使います。

 

しばらくすると、最新のセキュリティーの更新の画面に入るのでそのまま待ちます。すべての更新が終われば、パソコンが使えます。

 

マイクロソフトオフィスのショートカットをクリックすると、オフィスのライセンスキーの入力画面が出るので、付属のオフィスのライセンスカードにそっと入力していきます。

 

つぎに マイクロソフトのアカントのログイン画面になるので、アカントの取得を行います。

各 項目に沿って入力をすすめていきますが、メールアドレスの入力画面がるので、先ほどのGメールのアドレスを入力します。

 

各項目の入力が終われば、送信ボタンをクリックします。すると 先ほど設定したGメールあてに 認証番号が送られてきます。

メールに書かれた 認証番号を先ほどの画面に入力すると マイクロソフトアカントの取得が完了します。

 

すると オフィスのセットアップデータのダウンロードがはじまります。

オフィスのインストールが、完了したら 今度は、先ほどの 別のハードディスに保存したマイデータを新しいパソコンに戻します。

 

次は、先ほどエクスポートしたメールアカントを、新しいパソコンのメールソフト先ほどのメールアカントの設定をインポートします。

 

インポートが完了したら、送受信のテストを行います。

 

次にプリンターの機種の番号を調べて、Windows10のセットアップデータをダウンロードします。

プリンターのセットアップが終わったら、テストページのテストです。

 

最後に 無線LANの設定です。ルーターにかかれている SSIDとパスワードを控えます。

 

右下にあるインターネットのアクセスのアイコンをクリックして いくつかあるアクセスポイントの中から先ほど控えた「SSID」をさがします。

 

該当のアクセスポイントがみつかったら、それをクリックします。するとしばらくするとパスワードの入力画面がでてくるので、先ほど控えたパスワードを入力します。

 

これで すべての設定は、完了です。

 

 

 

 

 

 

関連記事

  1. FRONTIER ディスクトップPC 起動修復とSSD換装
  2. 富士通 LIFEBOOK AH77/H ブルーレインドライブ交換
  3. 起動しないNEC一体型ディスクトップパソコン『 PC-VN770VG6B』
  4. NEC VALUESTAR 一体型テレビパソコン SSD換装
  5. 起動速度が遅くなった自作パソコン修理
  6. 起動しない富士通LX55/DのHDD取り替えとリカバリー
  7. スタート修復画面から起動しない 富士通ノートパソコンLIFEBOOK AH54/GN
  8. 固まって動かない「Acer Aspire 5741 」ノートパソコン修理
  9. 壊れて放置されていたdynabook EX/33ハードディスク取り換え
  10. NEC Lavie LS150/F データ抽出とSSDに交換