SSD換装 DELL OPTIPLEX780 | 北九州市八幡西区『パソコン修理・データ復旧』IMオフィス
北九州市八幡西区『パソコン修理・データ復旧』IMオフィス

SSD換装 DELL OPTIPLEX780

2019年08月06日

本日のパソコン修理は、Windows10が起動しない DELL ディスクトップパソコンOPTIPLEX780 のシステム修復とSSD換装作業になります。

 DELL OPTIPLEX780

 

電源をいれて診断を行います。

 

BIOS起動後 Windows10のロゴ画面がでて クルクル矢印が回って次に進みません。

 

一旦 停止させてハードディスクの検査兼 マイデータの抽出を行います。

 

本よりハードディスクの取外しを行います。

 

天井にあるレバーを引いてサイドパネルを外します。

天井レバーをスライドさせる

 

サイドカバーが開くので取り外します。

 

 

パソコンを横に寝かせ 写真位置のブルーのレバーを押さえてハードディスクケース事取り外します。

 

 

電源ケーブルと通信ケーブルを外します。

 

ハードディスクに付いているケースを外します。

 

 

ケースを外したハードディスクと今回新しく取り付けるSSDになります。

 

取り外したハードディスクを別のパソコンにつないで、検査とマイデーターの抽出を行います。

 

マイデーターの抽出が終われば 次は、この状態でSSDにクローンをおこないます。

 

クローンが完了したらSSDを本体に取り付ける準備をします。

 

ハードディスクは3.5インチ SSDは2.5インチでサイズが違うため 変換アダプターをSSDに取り付けます。

 

 

変換アタプターを付けたSSDをハードディスクから外したケースに収めます。

 

 

ケースを取り付けたら ケース事本体に戻します。

 

後をサイドパネルのフタをしめます。

 

電源を入れて ハードディスクの時と同じ状態で起動できません。

 

システム回復ディスクをDVDに入れてブートさせます。

 

回復メニューの詳細から システムの復元を選択します。

 

システムの更新前の復元ポイントを選んで実行します。

 

復元作業が始まり30分程度で完了して再起動がはじまります。

 

無事 復元作業が完了して Windowsが立ち上がりまし。

 

次は、Windowosのビルドのバージョンが古いので、最近更新されたビルド1903にアップデートを実施します。

 

1903更新前の更新プログラムをインストールを完了させます。

 

約2時間程度の時間を要して ビルド1903のWindows10になりました。

 

今回のシステム不具合の原因は、内部的にシステムの更新があっているのに、電源を強制シャットダウンした為、発生した為と思われます。

 

パソコンの終了時間が異常に長いときは、Windowsの大幅な更新を行っています。

 

そんな時は、内部的に動いているので 終わるまで辛抱して待ちましょ。

 

一晩おいて シャットダウン出来ない時は、パソコン専門の方にご相談した方がいいかと思います。