北九州市八幡西区『パソコン修理・出張サポート』IMオフィス

アドウェアウィルスの感染したパソコンのOS入れ替え

2015年10月13日

最近よく修理依頼があるのは、アドウェア広告にウイルスに感染して、たくさんの広告が表示されWindowsが正常に起動できない、またはフリーズするなどの現象です。

 

今回も持ち込まれてたパソコンも感染しており、この際だから現状VISTAをwindows7にしてくれとの依頼でした。

 

お客様はすでに、7のライセンスを購入していたので、特に手間がかからず、新規インストールすることにしました。

 

アドウェアソフトの隠れ場所としtえ、プログラムファイル ブラザーの拡張プラグイン windows本体ファイルに紛れているのがほとんどなおんで、マイドキュメントのデーターのみバックアップを取り残りは、削除します。

 

CDブートからOSのインストールおこない、新規インストールを選びます。フォーマットを行いインストール開始します。

 

特に問題なくインストールが終了です。起動度デバイスマネイジャーを開き 認識していない機器を探します。現状すべての機器は、認識しています。

 

最終段階として、windowsアップデートをおこないます。新しいデバイスの更新情報があるので、更新します。

 

無事アップデート完了です。

 

今回もぱそこんは、「******製のマザーボード」なので、liveアップデートソフトをインストールします。マザーボードメーカーより配布される専用のドライバーが数点あったので、それと差し替えすべての作業が完了です。

 

liveアップデートソフトは、あるマザーボードメーカーの専用ソフトで、よくつかわせてもらっています。

 

 

関連記事

  1. LIFEBOOK AH30/Eハードディスクの取り替え
  2. 有線ルーター(BBR-4HG)を無線ルータ(WSR-300HP)と取替え
  3. NEC HF150/B 起動ドライブの取替え
  4. Windows7から8.1にアップグレードと内部清掃
  5. Panasonic CF-B11  SSD換装作業
  6. VGA出力端子の無い一体型ディスクトップパソコンを拡張モニターを増設する。
  7. 富士通ノートパソコン アドウェアウイルスの駆除
  8. LIFEBOOK AH53/EA  ユーザーアカントにログインできないWindows10
  9. データ復旧及びHDD取り替え後のハードディスクの取り扱い
  10. HDDの取り替えと熱対策