DELL ロゴマークで止まった起動しないノートパソコン修理(その2) | 北九州市八幡西区『パソコン修理・データ復旧』IMオフィス
北九州市八幡西区『パソコン修理・データ復旧』IMオフィス
  1. HOME
  2. データ復旧
  3. DELL ロゴマークで止まった起動しないノートパソコン修理(その2)

DELL ロゴマークで止まった起動しないノートパソコン修理(その2)

2015年07月03日

本日のパソコン修理は、前回 起動しないDELL ノートパソコンの修理です。

まずは、どの部品が悪いか 部品チェックを実施します。

下記写真のように本体をキーボードを外して、中身の部品が取り外せるようにします。

P1050447

 

P1050446

とりあえずは、CPU回り詰まった チリ ゴミをエアーブロウする

まずは、メモリを差し替えて起動してみます。
症状は、変わらず

次にDVDドライブを取り替えて起動してみます。
症状は、変わらず

次にHDDを別の物と取り替えて起動してみます。
先に進んだ

HDDの故障で起動していません。

HDDを取り外しして、別のパソコンにデーターのBAKを試してみます。
中身の参照ができたので、必要と思われる、ディスクトップ画面あるデーター~マイドキメント LIVEメールのデーター一式 個人ファイルと思われる Cドライブ直下にあったデーターなどをすべて 別のHDDにバックを行います。

中身が見えたので、チェックディスクを行い、再度元のパソコンに戻して 試してみます。
症状は、改善されません。

ウィンドウズ回復ディスクを使ってみますが、HDD事態をマザーボード事態が認識していないので、それもダメでした。

通常は、マスターブートレコーダーの故障と思うのですが、今回は、HDDについている基盤自体に問題があるみたいです。

別のHDDを乗せ OSをインストールして ドライバー関係をインストールを行います。
ライセンスの認証を行い、WINSP1のインストールと最新にアップデートを行います。

バックアップデーターを戻します。

起動確認の為、数回の再起動 つけたまま 数時間放置したり デフラグ チェックディスクを行って、USB~カードスロットまでの動作が完全に動きます。

最後に 外装回り~液晶画面・キーボードなどの清掃を行い プチプチに梱包して完了です。