北九州市八幡西区『パソコン修理・出張サポート』IMオフィス

NECノートパソコン リカバリー後の初期設定依頼

2016年03月10日

先日 ご近所のお客さまより メーカー修理から帰ってきた ノートパソコンの初期設定依頼がありました。

 

メーカーに修理の内容は、ハードディスクの交換作業で購入時と同じ状態で帰ってきてました。

 

NECノートパソコン

 

初期設定の作業内容は、MSオフィスのライセンスの認証 インターネットの設定 メールの設定 プリンターの設定 Windowsアップデートとなります。

 

一番最初は、インターネットの設定となります。通常だと パソコンだけのリカバリーだけなので、インターネットの設定は必要ありませんが、ビビック光でルーターなしの接続なので、起動のたびにインターネットに手動でつなぐショートカットを作ってやる必要があります。

 

今回は、ビビックのホームページより 自動接続ツールのソフトが有ったのでそれを使用します。それを使えば、スタートアップに登録されて自動で接続を開始してくれソフトなので大変便利です。

 

インターネットにつながったら、今度はメールの設定です。ビビックより送られてきた、設定内容をもとに、メールアカントの登録 送信サーバーの登録 受信サーバーの登録を順次や登録をすすめていきます。

 

確認として、設定したアドレスの名前で送信先も設定したアドレスに送受信をおこないます。ちゃんと送られて ちゃんと受信できているかの確認です。

 

次は、プリンターの設定です。USB接続での設定なので、付属のCDからインストールを行います。最後は、プリンターの印刷テストを実行して完了です。

 

次は、Windowsアップデートです。

Windows7は、サービスパック1がリリースされています。すでにこのパソコンは、SP1を適用されているので、必要ありません。

しかし このパソコンは、購入から3年近くたっています。今日までのアップデートとなるとそれなりの時間がかかります。

 

アップデートで注意してほしいのは、アップデート中は完全に終わるまで、作業をしないでほしいことです。

数年たったパソコンだと、通常200件程度のアップデート項目があります。

 

ダウンロードするだけでも、3時間程度 それからインストールを完了するまでに4時間程度かかる事があります。

特にメモリーの少ないパソコンでは、インストール途中でメモリ不足で固まったりします。

 

重要に更新中に強制終了させると、下手するとパソコンが動かなくなったりします。

メモリーの少ないパソコンや、能力の低いパソコンをアップデートする時、専門家に任せた方が安心かと思います。

 

 

 

 

 

関連記事

  1. 起動しない富士通LX55/DのHDD取り替えとリカバリー
  2. スタート修復画面から起動しない 富士通ノートパソコンLIFEBOOK AH54/GN
  3. 固まって動かない「Acer Aspire 5741 」ノートパソコン修理
  4. 壊れて放置されていたdynabook EX/33ハードディスク取り換え
  5. NEC Lavie LS150/F データ抽出とSSDに交換
  6. NEC LaVie LL750/L 起動しないWindows 起動ドライブをSSDに交換
  7. 富士通LIFEBOOK AH56/K ハードディスクの取り替え
  8. NEC ノートパソコン Lavie LS150/B   起動しなくなったパソコン修理
  9. 自作パソコン Windows7の入れ替え
  10. EaseUS Todo BackupでハードディスクをSSDにする。