北九州市八幡西区『パソコン修理・出張サポート』IMオフィス

自作パソコンハードディスク取り替え

2016年09月01日

前回 ダイナブックのハードディスクの取り換えを行ったお客様より 今度は、「映像編集で使っている オーダーメイドの自作パソコンのハードディスクが、しばらく音がして現在 認識していないので見てほしい」との依頼です。

 

翌日 お客様の経営する 会社に出向いてパソコンの診断をおこないました。パソコンパソコンで初代のCore i 7のCPUで、当時とても高価だったであろうSSDを起動ドライブに使って、電源850W ハードディスクは、SSDを1台 2テラのハードィスクを3台と 高価な部品構成にパソコンでした。

 

2テラのハードディスクの1台が故障しており、認識もしていません。ディスクの管理を開いてみてみましたが、表示されていません。

 

この時点でハードディスクは、完全にこわれているので、「中身の抽出はほぼダメです」と伝えて現場でハーデディスクをとりはづして、自宅に持ち帰ることにしました。

 

持ち帰ったハードィスクをUSB接続でつないでみましたが、まったく認識しません。データ復旧ができるアプリケーションからハードディスクを検索しても認識できません。

 

お客様に電話を入れ「ハードディスクが完全にいかれているので、データの抽出はできません」とつたえました。

 

新しくハードディスクを購入して取り付ける事になりました。お客様のご希望で「まだ増設できるスペースが有るなら、もう一台取り付けてほしい」との希望でしたが、増設できるスペースはあるのですが、前面に配置されているファンが増設するスペースに十分行き届いていないため、その事を説明して アドバイスとして「2テラを2台増設するより 4テラを1台にした方が金額的に安く済みます」と説明して4テラを1台増設することにしました。

 

一昔前までのパソコンでは、2.2テラの壁があり2テラのハードディスクしか認識しませんでした。今回は、64ビットのOSで増設用のハードディスクなので、何も問題ありません。ただし パーティションスタイルを「GPT」方式にすることです。

 

翌日 購入した4テラのハードディスクをもって、お客様の会社に出向きます。側面パネルを外して 電源ケーブルとS-ATAケーブルを外して ハードディスクを外します。

 

外したハードディスクから取り付け金具を外して 新しく購したハードディスクにとりつけ、各ケーブルを繋いで再度パネルを閉めて、キーボードやマウスを繋いで元の状態戻します。

 

電源を投入して Windowsが完全に立ち上がった状態になると、先ほど取り付けた ハードディスクのパーティションスタイルの選択画面が出てくるので、「GPT」を選択します。

 

ディスクの管理に入り 新しく増設したハードディスクは、4テラで認識していました。まだ未フォーマットで使える状態ではないので、すべての領域をフォーマットします。

 

マイコンピューターより 先ほどのハードディスクが新しく追加されたので、ためしに数個のファイルを保存してみます。

問題なく保存できましたので、これで作業の終了です。

 

 

関連記事

  1. 富士通 LIFEBOOK AH77/H ブルーレインドライブ交換
  2. 起動しないNEC一体型ディスクトップパソコン『 PC-VN770VG6B』
  3. NEC VALUESTAR 一体型テレビパソコン SSD換装
  4. 起動速度が遅くなった自作パソコン修理
  5. 起動しない富士通LX55/DのHDD取り替えとリカバリー
  6. スタート修復画面から起動しない 富士通ノートパソコンLIFEBOOK AH54/GN
  7. 固まって動かない「Acer Aspire 5741 」ノートパソコン修理
  8. 壊れて放置されていたdynabook EX/33ハードディスク取り換え
  9. NEC Lavie LS150/F データ抽出とSSDに交換
  10. NEC LaVie LL750/L 起動しないWindows 起動ドライブをSSDに交換