PC-VN770LS6R
Home > データ復旧 > データ復旧・抽出|NEC一体型ディスクトップPC 

データ復旧・抽出|NEC一体型ディスクトップPC 

本日のパソコン修理は、NEC一体型ディスクトップパソコン PC-VN770LS6Rのデータ復旧・抽出作業になります。

 

お客様より 「Windowsが起動しなくなったので見てほしい、パソコン内部にあるデータがどうしても必要なので取り出してほしい」との事での作業依頼です。

 

パソコンを診断してみると、電源は入るから ハードディスクの故障が考えられます。

 

お客様から 詳しく話を聞いてみると スタートアップの修復画面が出たので、数回実行したがダメでしたとの事です。

 

よくあるのが、自分で解決しようとして出来ないで、持ち込まれたときには時すでに遅し、ハードディスクが完全に逝かれた状態で持ち込まれ事があります。

 

ハードディスクの故障が考えられる時は、少しでも早く持ってくればデータ復旧・抽出が高まります。

 

負荷のかかる スタートアップの修復やチェックディスクの実行などは、ハードディスクの物理故障でない事を確認して実行しないとデータ抽出ができなくなってしまいます。

 

今回のケースでは、まずハードディスクを取り出して、検査してデータ復旧・抽出を最優先で行います。

 

ハードディスクの取り出し方法を説明します。

 

パソコン本体を裏返します。

 

最初に写真位置のメモリーがある個所のカバーのネジを外します。

メモリーカバーのネジを外している写真

 

ネジを外したらカバーを取り外します。

 

カバーを外した状態です。

 

次に裏側から見えるネジすべてを外します。

 

すべてのネジを外したら、写真のようにスタンドを掴んでカバーを外します。

 

カバーを外したら、ハードディスクを固定しているマウンターのネジを外します。

 

マンタ―と一緒にハードディスクを外した状態です。

 

次にマウンターからハードディスクを取り出します。

側面にある4本のネジを外します。

 

マウンターからハードディスクを取り出した状態です。

 

取り出したハードディスクを検査してみます。

診断結果は、物理的に損傷しています。

 

この状態からデータの抽出を行います。

結果 370GB量のデータを無事 抽出する事ができました。

 

 

HOME