NEC NS750/A
Home > データ復旧 > NEC NS750/A パソコン修理 |SSD換装  

NEC NS750/A パソコン修理 |SSD換装  

本日のパソコン修理は、Windowsアップデート再起動後からWindows10が起動しなくなった、NEC NS750/A のパソコン修理です。

 

マイデータを最優先での修理依頼です。

ハードディスクを取り出して、データの抽出とハードディスクの破状態を確認します。

 

本体よりハードディスクの取り出しを行います。

 

まず パソコンを裏返して まずは、バッテリーの取り出しを行います。

次に中央付近にある キーボードを裏側から固定しているネジ2本を外します。

 

 

ネジを外したら、今度はパソコンを表面にして、写真位置に 薄いヘラを差し込み キーボードを外します。

少し隙間が狭いですが、キーボード下の方から差し込みます。

上は留め金を差し込んでいるので、ヘラが入りません

 

キーボードをはずした状態です。

中央のハードディスクが見えます。

写真位置のハードディスクを固定しているネジを外します。

 

ネジがハズれたら、ハードディスクを本体から外します。

 

ハードディスクを取り出したら、ハードディスク固定用マウントを外します。

 

取り出したハードディスクを別のパソコンにつないで、データの抽出を行います。

 

結果ハードディスクにダメージは、少しだけありましたが、使えないことはありません。

ただし起動ドライブとして使用するのは、おすす目できない状態です。

 

お客様と相談して 新しいパソコンを購入するより SSDに取り替えて修理した方が安く済むという事で、SSD換装をする事になりました。

 

データの方は、すべて100%抽出できております。

 

 

今回新しく取り付けるSSDと既存のハードディスクの写真になります。

 

 

写真は、マウンターにSSDを取り付けた状態です。

 

この状態で本体の取り付け固定します。

 

後は、キーボードなど もとに戻し組み立てます。

新規にWindows10をインストールします。

 

インストール完了後、Windowsアップデートの更新を行います。

 

インストールメディアは、最近新しく作り直した ビルド1909バージョンで作成したブータブルUSBメモリーです。

 

アップデートもさほどなく、すぐに完了です。

 

最後にマイデーターのをパソコン本体に戻します。

 

データ抽出に、パソコン内部にあるドライバーやアプリケーションのインストールセットアッププログラムもバックアップしていたので、それも本体に戻します。

 

デバイスマネイジャ―から、未インストールのデバイスを確認して ドライバーのセットアッププログラムからインストールを行います。

 

すべてのデバイスのインストールが完了したら、SSD特化の設定を施します。

 

最後にキーボードの接続ケーブルを外していませんが、キーボードに不具合がないか動作確認をします。

 

特に問題なく 軽い動作でパソコンが動いています。

 

本日のパソコン修理の完了です。

 

 

 

 

 

 

HOME