起動しないSONY 一体型ディスクトップPC VPCJ227FJ

本日のパソコン修理は、起動しなくなった SONY 一体型ディスクトップPC VPCJ227FJのパソコン修理になります。

 

お客様より パソコンが起動しなくなったので、見てほしいとの事でした。

 

早速 拝見してみると 「ノーブートデバイス・・・」と英語表記で止まったままです。

 

起動ドライブを認識していません。

 

ハードディスクを取り出してみます。

 

作業は、パソコン裏面より開始です。

 

まずは、スタンド廻りのネジ4本を外します。

 

ネジを外したら スタンドを引っ張てはずします。

 

すると3.5インチのハードディスクが見えます。

ネジ3本で固定しているので、すべて外します。

電源ケーブル S-ATAケーブルを外して本体より取り出します。

 

写真は、既存のハードディスクと今回新しく取り付けるSSDになります。

 

取り出したSSDを別のパソコンにUSB接続でつないで データの抽出を行います。

 

結果 まったく認識しなく、マイデータの抽出はできませんでした。

 

本体から取り出したハードディスクのマウンターをSSDに取り付けて、SSDを本体に取り付けます。

 

スタンドを取り付けて USBインストールメディアをとりつけて インストールを開始します。

 

一時間程度でインストールが完了します。

 

マイクロソフトオフィスをインストールします。

 

インストールが完了したら Windowsアップデートで最新のセキュリティー状態とオフィスの更新プログラムをインストールします。

 

お客様の要望で住所録ソフトのインストールを行います。

 

インストールが、完了したら デバイスマネイジャーを確認して未インストールのデバイスを確認します。

 

未インストールデバイスがありました。

 

テレビチューナのドライバーがインストールされていません。

 

いろいろ調べた結果 Windows7のチューナ用ドライバーあるが、Windows10のドライバーがありません。

 

もひとつ S-ATAのドライバーがWindows標準のドライバーになっていたので、インテルマザーボード専用のドライバーをインストールします。

 

再起動後 起動ドライブが、SSDに変更しているので、SSDに合った設定を行います。

 

再起動後 起動確認を行います。

 

WIFIの接続 LANの接続 などして WEB検索を行います。

 

オフィスを起動させて入力 保存など行って動作確認を行います。

 

起動 終了 再起動など行って 動作確認を行っていきます。

 

動作に問題ない事が、確認できたので 本日の北九州市パソコン修理・データ復旧作業の完了です。

 

 

HOME


関連コンテンツ