北九州市八幡西区『パソコン修理・出張サポート』IMオフィス

起動途中で止まる 富士通LIFEBOOK WA1/R SSD交換

2018年07月23日

本日のパソコン修理は、起動途中で止まって 動かない富士通LIFEBOOK WA1/Rの修理です。

富士通LIFEBOOK WA1/R

現状の状態は、電源を入れて 画面が点灯して 黒い画面のままで 動かなくなっている状態です。

一応ハードディスクのランプは、点滅していますが、しばらくすると止まります。

 

Windowsインストールディスクを使って 回復を行ってみます。

 

まずは、スタートアップの修復を行てみましたが、起動できませんでした。

 

次に システムの復元を使って 過去にもどしてみます。

再起動後 Windowsは、立ち上げってきました。

 

ハードディスクの状態をチェックしてみると、破損初期の状態でした。

この状態で使っていても 近日中に、再度動かなくなって最終的には、マイデータも取れなくなります。

 

修理方法をお客様と相談してみます。

やり方としてハードディスクの交換を前提になります。

 

現状の使用環境を維持できるように、この状態でハードディスクを別のハードディスクにクローンを行います。

クローン完了後 システムの修復をおこなます。

 

これで直ればいいのですが、最悪の場合 リカバリーを行う説明もします。

 

お客様に説明して 修理を始めます。

どうせ 交換なら 高速起動できる SSDに交換する事になりました。

 

ハードディスクの交換手順を説明します。

 

最初のバッテリーを外します。

 

 

裏面のネジを外していきます。

 

ネジを外したら、写真位置のように 窪みに指を引っ掛けて カバーをめくります。

 

カバーを外したら左下にあるハードディスクを外します。

外し方は、写真のように黒いセロファンをつまんで 左方向にスライドさせます。

 

ハードディスクを外したら、固定金具を外します。

 

写真 左にあるのが今回取り付けるSSDで、右にあるのが取り外した既存ドライブです。

 

事前にクローンが完了したSSDに、先ほど外した取り付け金具を取り付けます。

 

取り付け金具を付けたら パソコン本体に戻します。

 

後は、取り外した逆の手順で組み立てます。

 

組み立てが完了したら、起動確認を行います。

不具合なく 正常に立ち上がります。

 

エラーチェックを行います。

次に 内部のクリーニングを行います。

 

レジストリーの最適を行います。

SSDに特化した設定を施します。

 

Windows8や10で不具合の発生原因になりやすい、高速起動をストップします。

 

すべての作業が完了後 再起動を行います。

 

動作確認を実施します。

 

特に問題なく 快速に動いています。

 

Windows8とインテルのCPUにSSDは、とても相性がいいみたいで、見違えるほど早く動いています。

 

これで すべての作業は完了です。

 

 

 

 

関連記事

  1. DELLノートパソコン(Inspiron 14R)SSD換装
  2. 起動しなくなったHP Pavilioノートパソコン SSD換装
  3. Lenovo ノートパソコンSSD換装及びOS新規インストール
  4. Lenovo 3000 C Senes ハードディスク取り出し バックアップ
  5. SONY SLV241A1N SSD換装及びWindows10アップグレード
  6. Windowsアップデート中に電源を切って動かなくなったNECノートパソコン
  7. 電源を入れるとすぐに切れる NEC VersaPro VA-B ノートパソコン
  8. TOSHIBAノートパソコン CX/E215C ハードディスクの取り替え
  9. リカバリー途中で止まる NEC PC-GV251WZAC
  10. Windowsアップデート進まない 遅い 出来ない