ハードディスク開封破壊
Home > データ復旧 > 使用済みのハードディスクの管理

使用済みのハードディスクの管理

本日のパソコン修理は、修理依頼でSSDに換装して壊れた使用済みのハードディスクの管理についてです。

 

当社では、使用済みハードディスクの管理方法は、すべて破壊してスクラップにだしています。

 

破壊するまでは、厳重に人目につかない場所で管理して、間違えて使用しないように、使用済みのマークして保管します。

 

具体的な方法は、ハードディスクのフタを開けます。

ネジは通常使われている+-のネジではなく 星形になったネジになっています。

 

この特殊ネジを特殊のドライバーを使って開封します。

 

開封するとこのような感じになっています。

ハードディスク開封破壊

 

この丸い円盤にデータが記録されています。

この円盤部分をハンマーですべて破壊していきます。

 

円盤は数枚重ねて入っているので、根気よくすべての円盤を破壊していきます。

 

この作業を怠ると、円盤の部分からデータを抽出されてお客様の大事なデータを流出させてしまいます。

 

特に、学校の先生のパソコンや病院から修理依頼で取り出したPCのハードディスクは、特に慎重にやらないと、たくさんの個人情報の漏洩になるため、完全破壊しています。

 

最近あった話で、よく廃品回収の車が回って家電製品やパソコンなどの回収を行っています。

 

ハードディスクを取り出した後のパソコンを廃品回収車出回ってきた業者に出そうとしたところ、「ハードディスクの入っていないパソコンの引き取りはできない。」と言われた事があります。

 

集めたパソコンからハードディスクを取り出して、スクラップ業者が個人データを抽出して売却している可能性があります。

 

不用意に廃品回収車にパソコンを渡すと、そんな事をされる可能性があります。

 

パソコンには、アドレス帳や年賀はがきを作成するソフトにたくさんの家族や友達の個人データが入っています。

 

データ復旧業者では、データを完全消去できるソフトも抱き合わせであります。

 

もし 個人データを抽出されても問題ないならいいのですが、完全消去を望むなら当社などのデータ復旧会社に預けてください。

 

責任をもってデータ消去して 完全に読めないように記録部分を完全に破壊します。

 

北九州市でパソコン修理やデータ復旧は、北九州市のIMオフィスにお任せください。

 

SSD換装からデータ復旧(HDD・USBメモリー・SDカード)こわれて動かないパソコンからのデータ抽出など格安で実施しています。

 

高額な復旧業者に出す前に 今一度当社にご相談ください

 

市場価格の十分の一でデータ抽出・復旧ができるかもしれません。

HOME