LIFEBOOK AH42/X
Home > データ復旧 > SSD換装・データ復旧/ユーザープロフィールエラー

SSD換装・データ復旧/ユーザープロフィールエラー

本日のパソコン修理は、ユーザープロフィールが見つかりませんとエラーがでて 同じ画面を繰り返すLIFEBOOK AH42/Xのパソコン修理になります。

 

まずはハードディスクを取り出して、マイデータの抽出を行います。

そのあと ハードディスクの損傷状態を確認して修理方法を考えていきます。

 

ハードディスクの取り出しを行います。

 

パソコンを裏返します。

 

最初にバッテリーを外します。

 

写真位置のネジ2本を外します。

 

フタを外したらハードディスクが見えます。

 

透明のセロフィンをつかんでハードディスクをスライドさせて取り出します。

 

 

写真は取り出したハードディスクです。

写真位置のネジを外してマウンターを外します。

 

マウンターを外したら別のパソコンにつないでデータの抽出をおこないます。

 

マイデータの損傷はないくすべて取り出すことができました。

ハードディスクの状態ですが、クリスタルディスクインフォで確認するとイエロー判定で破損の初期状態でした。

 

お客様と相談した結果 どうせ変えるなら 高速で動くSSDに変えることになりました。

 

写真左がSSDで右にあるのが新品のSSDにないます。

 

ハードディスクの内容をSSDに複製する作業を行いましたが、システムファイルエラーがでてクローン出来ません。

マイデータの抽出と富士通のドライバーやアプリなどのインストールファイルの抽出が完了しているので、一旦パソコン本体にハードディスクをもどして、回復モードからコマンドプロンプトに入りシステムチェック修復を行ってみます。

これも 最後の所でエラーが出て修復できません。

 

クローン作業をあきらめて、Windows10の新規インストールを行う事にします。

 

幸いこのパソコンの購入時の初期セットアップは、私の所に依頼されていたので、しっかりとマイクロソフトアカント情報をデータと印刷して渡してあったので、問題なくOFFICEのインストールもできます。

 

パソコン本体のを取り付けます。

 

USBインストールディスクをパソコンの挿してインストールを開始します。

 

時間的に30分もあれば問題なくインストールできます。

 

インストールしたWindows10のビルドは21h1で新しWindows10です。

 

差額分の更新版をウインドウズアップデートでインストールをします。

 

インストール完了がマイデータをパソコン本体の戻します。

 

富士通のドライバーやアプリケーションもCドライブ直下に戻します。

 

デバイスマネイジャーから未インストールのデバイスがあるか、確認します。

 

ドッキリマークが4つほどついているので、何のデバイスか確認する為デバイスIDから ネットで検索します。

 

デバイスが分かれば富士通のドライバーからインストールを完了させます。

 

デバイスインストールが完了したら 次はアプリケーションのインストールを行います。

 

 

まずはOFFICEをインストールする為、マイクロソフトアカント情報に入り オフィスのデータをダウンロードインストールを完了させます。

 

旧ハードディスクのプログラムファイルの見て インストトールされていたアプリケーションを探します。

個人で購入した以外のアプリはここでインストールを完了させます。

 

最後にメールの設定を行います。

 

プロバイダーから送付された メールアカント情報をお客様がなくしているみたいで、メールの設定ができませんでした。

 

最後の動作確認を行うため、エクセルやワード起動させます。

 

又 ネットにつないで 動作の問題がないか確認します。

 

ネットの速度も規定通りに出ているか確認します。

 

特に問題なく 動作しているのでお客様宅の持ち込んで、無線LANの設定とプリンターの設定を終わらせます。

 

これで本日のパソコン修理・データ復旧作業の完了です。

 

HOME