起動ドライブSSD取り替え /ショップオリジナルPC | 北九州市八幡西区『パソコン修理・データ復旧』IMオフィス
北九州市八幡西区『パソコン修理・データ復旧』IMオフィス

起動ドライブSSD取り替え /ショップオリジナルPC

2019年07月16日

本日のパソコン修理は、正常起動したり又、ログイン画面で固まって動かなくなったりしている ショップオリジナルPCの起動ドライブをSSDに取り換え OSの新規インストールとデータの抽出作業です。

ショップオリジナルPC

 

ハードディスクを取り出して「クリスタルディスクインフィ」で検査してみます。

 

起動時間が2万時間を超えています。

でも 判定は正常判定になっています。

 

 

判定結果をお客様に報告して 修理方法を検討した結果 2万時間をこえているので、起動ドライブをSSDに交換する事になりました。

 

パソコンは、中古で2年前後に購入したそうです。

使用時間も日に数時間で 常時つけっぱなしには、していなかったそうです。

 

購入時には、すでに1万5千時間を超えて 販売されていたと思います。

 

パソコンで一番の故障原因は、ハードディスクの故障で、私どもは、1万時間超える前に ハードディスクの交換を進めています。

 

 

修理の方は、正常判定になっているので、この状態でクローンを実施するこにします。

ただし クローンが出来ない時は、Windows10を新規インストールする事にします。

 

結果クローンを行ってみましたが、パーテーション情報が****でクローンに失敗します。

ハードディスクの状態は、書き込み領域に問題ないのですが、区切りをつけているパーテーション情報に問題があるみたいです。

 

ハードディスクとりだします。

HDDの取り出し

 

右が取り出したハードディスクで右にあるのが、新規に取り付ける SSDになります。

 

既存のハードディスクは、3.5インチ SSDは、2.5インチでサイズが違うので、ゲタをはを履かせて、SSDを取り付けました。

 

Windows10の新規インストールを行います。

 

同時作業として 既存のハードディスクからマイデータの抽出をおこないます。

ユーザーフォルダにある該当ユーザー内のマイディスクトップ マイドキュメント マイピクチャー マイミュージック マイビデオ お気に入り ダウンロード等を抽出します。

 

windows10のインストール完了後 更新プログラムのインストールを行います。

 

OSビルドバージョン 1803 にアップデートを行います。

時間にしてやく2~3時間程度かかります。

 

次に 数日前に 新しく ビルド1903のアップがあったので、続いてアップデートを行います。

こちらも約2時間程度かかります。

 

すべてのアップデートが終わったら SSDに特化した設定を行います。

 

続いて別作業で行ったいてマイデータの抽出されてデータを、新規にWindows10をインストールしたパソコンに戻します。

 

最後に動作確認を行います。

 

3世代のCore i 5とSSDの相性がよく高速に動いています。

 

容量にこだわらないなら、絶対 SSDをお勧めします。