通電しないWindowsXPパソコン | 北九州市八幡西区『パソコン修理・データ復旧』IMオフィス
北九州市八幡西区『パソコン修理・データ復旧』IMオフィス

通電しないWindowsXPパソコン

2015年10月27日

本日のパソコン修理は、電源を入れても全く動かないWindowsXPパソコン修理依頼です。

 

この方は、北九州市八幡西区楠橋のお住まいで、私の同級生です。

 

ほんとありがとうございまず。

 

現行 WindowsXPを使いつづけているには、理由があり仕事の関係上どうしてもXPでしか動かないソフトがあるそうです。

 

パソコンの診断では、電源boxかマザーボードのどちらかがの不良です。どらちにしても修理費用は、部品代込で結構な金額にるかと思います。

 

いっそのこと、パソコンを取り換えたほうが、いいと思いそちらを進めます。

 

今現在 DELLから発売の7からのグレードダウンモデルのXPパソコンが手持ちに会ったので、それを使うようにします。

 

このパソコンは、本来 Windows7のCOAシールが貼ってあります。このグレードダウンモデルは、通常7にして販売していますが、今回は理由があり シールの一部に傷がはいり 記号が見えない為、7にできないのです。

 

故障したパソコンからハードディスクを取り出します。変換ケーブを使いUSB接続で、起動確認をします。

 

マイドキュメント デスクトップ プログラムファイルから先ほどのソフトの中にある、写真等をとりだします。

 

データーのエキスポートは、お客様の方にお願いして作業完了です。

 

まだまだ Windows XPパソコンの活躍の場があるみたいです。