北九州市八幡西区『パソコン修理・出張サポート』IMオフィス

Windows10 アップグレードンストールから新規インストールまで

2016年01月09日

最近の作業としてWindows10のアップグレードインストールが多くなってます。

今年の7月まで 7と8.1のユーザーは無料で10をアップグレードできます。

 

現状のシステムを維持しながらアップグレードをしたい人にはお勧めです。

でも 新たに新規でWindows10をクリーンな状態でインストールを行い人もいるかと思います。

 

すこし面倒でありますが、無料でやる方法は7及び8.1から無料アップグレードをウインドウズアップデートで行ってインストールから、ライセンス認証までおこなってください。

 

指示通り作業をおこなっていけば、特にむずかしいことはありません。ただし 一つ一つの作業に時間がかかり、止まっているかとおもいますが、待っていれば次に画面に進みます。

 

次にマイクロソフトのホームページにいって、Windows10のイメージファイルをダウンロードしてインストールDVDの作成をしてください。画面の指示通り行えば、DVDまで出来上がります。

 

ここでは、ProとHomeとの区別はなく、一つのDVDにまとめられて出来上がります。ただし 32ビットと64ビットの区別があるので、2枚作成していればいいかと思います。

 

次は、クリーンインストールとなりますが、先ほど作成したDVDでインストールを行います。現状のWindows7の領域を削除して新規に10をインストールを行います。

 

別のサイトの説明では、プロダクトキーの入力画面が出てくるので、アップグレードど10のプロダクトキーを事前に調べる必要があると説明しているサイトがありますが、私が行った結果 アップグレードした10のプロダクトキーはすべて同じであること。

 

クリーンインストールの時に、ライセンスの認証の終わったパソコンであれば、プロダクトキーの入力は求められません。

 

インストールが完了すれば、ライセンスの認証も終わっています。

 

すこし面倒なインストール方法ですが、現状お金をかけないで行う方法は、これが最善な方法かと思います。

 

 

 

関連記事

  1. NEC ノートパソコン Lavie LS150/B   起動しなくなったパソコン修理
  2. 自作パソコン Windows7の入れ替え
  3. EaseUS Todo BackupでハードディスクをSSDにする。
  4. HP Pavilionノートパソコン ハードディスクをSSDに交換
  5. HDDをSSDに交換/TOSHIBAノートパソコン(B350/22B)
  6. Windowsログイン画面で固まったまま動かないPC修理
  7. 無線ルーターの買え替えの注意点
  8. 増設ドライブを認識しなくなったパソコン修理
  9. Panasonic CF-510 SSDに交換
  10. DELLVostro200 WindowsXPの再インストール作業