SSD換装|富士通LIFEBOOK AH45/R 起動ドライブの取り替え | 北九州市八幡西区『パソコン修理・データ復旧』IMオフィス
北九州市八幡西区『パソコン修理・データ復旧』IMオフィス

SSD換装|富士通LIFEBOOK AH45/R 起動ドライブの取り替え

2019年12月20日

本日のパソコン修理は、Windowsが動かくなった 富士通LIFEBOOK AH45/R 起動ドライブの取り替え作業になります。

富士通LIFEBOOK AH45/R

 

最初にハードディスクを取り出して、マイデータの抽出を行い 破損状況の確認を行います。

 

パソコン本体を裏側にします。

写真位置のネジを外します。

 

ネジを取り外したら クボミにツメをかけてカバーを外します。

 

カバーを外した状態です。

 

左したにあるのが、ハードディスクになります。

その右側になるのが、無線LANのカードになります。

 

また、その右側にあるのが、メモリーになります。

 

そn上がCPUになります。

 

まずは、ハードディスクを取り出します。

 

黒いセロフィンを左方法にスライドさせて 本体よりとりだします。

 

本体からハードディスクを取り出した状態です

 

とりだしたハードディスクについている金具を取り外します。

 

金具を外したハードディスクと今回新しく取り付けるSSDになります。

 

今回は、マイデータの量が180GB程度あるので、240GBのSSDでは、入り切らないので、480GBのSSDを選択しています。

 

このSSDを本体に戻します。

 

次にWindowsの新規インストールを行います。

 

無事インストールが完了したら、ハードディスクが抽出したドライバーソフトやマイデータをパソコン本体に戻します。

 

マイデータを戻したら、次にOFFICEのインストールをおこないます。

 

OFFICEのバージョンは、2013になるので、マイクロソフトアカントにログインしてOFFICEのダウンロードを行う必要がありましが、マイクロソフトのアカントをわからなくなっているので、手持ちのディスクをつかってインストールを行います。

 

次は、Windowsアップデートを行います。

 

無事アップデートが完了したら SSDに特化した設定を施します。

 

後は、起動終了やWeb回覧など行って動作確認を行います。

 

SSDに取り替えているので、ものすごく快適にキビキビした動きで動作しています。

 

ハードディスクが壊れて、リカバリーが出来ない時や SSDにしたいが、わからない時は、弊社にお任せください。

 

格安でSSDに取り替え致します。

 

弊社は、データ復旧なども行っているので、壊れたハードディスクからデータを抽出して、新たに取り付けたSSDに戻したりします。