DELLノートパソコン起動不良による診断からバックアップ作業まで | 北九州市八幡西区『パソコン修理・データ復旧』IMオフィス
北九州市八幡西区『パソコン修理・データ復旧』IMオフィス

DELLノートパソコン起動不良による診断からバックアップ作業まで

2016年05月04日

本日のパソコン修理は、biosの画面すら出ない 起動できないDELLノートパソコン修理の依頼です。

DELLノートパソコン

 

電源投入してみますと、ピープー音が鳴り出してしてそのまま進みません。

このピープー音は、どこが異常が簡易的に押してくれる機能で、マザーボードによって 警告は異なります。

 

このパソコンのピープー音は、「ピー ピー ・・・・」と一回なり続けているので、マザーボードの異常と判断できます。

とりあえず 光学ドライブ メモリー ハードディスクを取り外して、別の正常のものと付け替えて起動確認します。

 

最初はメモリーを取り替えてみました。手持ちに1GBメモリーしか無く入れかえたら動き出しました。

今度は、別のメモリに付け替えてみると、最初のピープー音のエラーに戻ります。

 

先ほど起動したメモリーと付けかてみると、今度はピープー音のエラーになります。

これだけ不安定であれば、警告音の通りマザーボードの故障は、確定となります。

 

次は、ハードディスクから個人ファイルを、お客様の持ち込み外付けハードディスクのバックアップ作業をおこないます。

 

以下の写真は、光学ドライブ ハードディスク メモリーをとりはずした状態です。

 

ハードディスクには、問題はないのでUSBケーブルをつないですぐに認識して、ディスクトップのデーター 送受信のメールのデーター  マイドキュメントなど個人データーを抽出して作業完了となります。