北九州市八幡西区『パソコン修理・出張サポート』IMオフィス

DELL Vostro 1520 ノートパソコンハードディスク取り替え

2016年01月10日

本日のパソコン修理は、DELLノートパソコンのハードディスクの取り替え作業です。DELLのノートパソコンでは、比較的簡単に取り替えができる機種です。

 

まずはパソコンの裏面よりバッテリーを取り外します。

バッテリー横に示す閉開用ボタンを開口方向へスライドさせる。

DELL Vostro 1520 ノートパソコン閉開ボタンを右方向に開口方向にスライド

 

下のボタンを開口方向にスライドさせたままバッテリーを上方向にスライドさせる。

DELL Vostro 1520 ノートパソコン ボタンを左にスライドさせながら

 

スライドさせバッテリーを引っこ抜く

 

ハードディスクは左下の位置に格納しているので、写真で示すドライバー先のネジ2本を外す。

 ハードディスクは左下の位置に格納しているので、写真で示すドライバー先のネジ2本を外す。

 

ネジを外したら、カバー全体を下方向にスライドさせる。※少し力が要ります。

カバー全体を下方向にスライドさせる

 

すこし隙間ができるので、そこからカバーを引っ張り剥がず。

するとハードディスクが見えます。

すこし隙間ができるので、そこからカバーを引っ張り剥がず。  するとハードディスクが見えます。

 

ハードディスク右にみえるフイルムがあるので、それを左方向に引っ張ると、ハードディスクがソケットから外れます。

ハードディスク右にみえるフイルムがあるので、それを左方向に引っ張る

 

ソケットから外れたら、ハードディスクをつかみ外す。

注意としてフィルムは、通常ハードディスク側についているのが通常ですが、この機種は、本体側についていて、フィルムを上方向に引っ張っても ハードディスクは取れません。

ソケットから外れたら、ハードディスクをつかみ外す。

 

写真上は、ハードディスクを取り外した状態です。容量は、640GBありました。

これを、750GBのハードディスクの取り替えます。

 

取り替え手順は、ばらしのまったく逆の手順で行います。特にむずかしい事は、ありません。

 

ハードディスクを取り替えたついでに、OSを32ビット版から64ビット版のWINDOWS7に入れ替えます。

 

せっかく64ビットのWindowをつかうのであれば、メモリーも3GB以上のメモリーがあつかえるので、2GBから4GBに取り替えます。

 

次回のブログは、メモリーの取り替え手順のい説明を行います。

 

 

 

 

関連記事

  1. FRONTIER ディスクトップPC 起動修復とSSD換装
  2. 富士通 LIFEBOOK AH77/H ブルーレインドライブ交換
  3. 起動しないNEC一体型ディスクトップパソコン『 PC-VN770VG6B』
  4. NEC VALUESTAR 一体型テレビパソコン SSD換装
  5. 起動速度が遅くなった自作パソコン修理
  6. 起動しない富士通LX55/DのHDD取り替えとリカバリー
  7. スタート修復画面から起動しない 富士通ノートパソコンLIFEBOOK AH54/GN
  8. 固まって動かない「Acer Aspire 5741 」ノートパソコン修理
  9. 壊れて放置されていたdynabook EX/33ハードディスク取り換え
  10. NEC Lavie LS150/F データ抽出とSSDに交換