NEC Lavie LS550/T
Home > パソコン修理 > キーボード交換 NEC Lavie LS550/T

キーボード交換 NEC Lavie LS550/T

本日のパソコン修理は、NEC Lavie LS550/T ノートパソコンのキーボード交換作業になります。

 

お客様より「パソコンの起動が途中で止まるので見てほしい。」との依頼でした。

 

現物のパソコンを確認してみると、無線のキーボードを取り付けてました。

 

理由を聞くと「キーボードにコーヒーを少しこぼしてから、打てる部分と打てないところが出てきたり、押しっぱなしになったりして、他のパソコン修理店に持っていって修理したが、少しの間よかったが、起動が途中で止まるようになったので見てほしい。

 

内臓のキーボードは特にいじった形跡はない状態でした。

 

実際の動作は、内臓キーボードが押しっぱなしになって、一番最初の画面で止まって動かない状態でした。

 

この状態で他のキーを押すとWindowsがたちあがります。

 

とりあえず 使えるようにする為、Windowsを立ち上げて、レジストリーを修正して内部キーボードを無効にする設定をおこないました。

 

一旦 帰り該当のキーボードがあるか、調べてみると一応取り寄せはできる状態でした。

 

お客様に「コーヒーをこぼして キーボードが壊れたなら、マザーボードにも影響している可能性があるので、キーボードを取り替えても 少しの可能性ですが、完全にもとに戻る保証はないですよ」

 

一旦取り替えるのは、保留と言うことになりました。

 

二週間程度たって、再度 連絡があり「昨日のWindowsアップデートで以前の状態に戻ったので、この際キーボードの交換をしてほしい」との依頼です。

 

レジストリーエディ―タで見てみると、ほんとに内部キーボードが使えるように戻っていました。

 

再度 内部キーボードを無効化して、臨時的に使えいるようにしました。

 

約一週間程度でキーボードが届いたので、取り替え作業することにします。

 

レジストリーエディ―タで内部キーボードがつかえるようにします。

 

電源を落として バッテリーを外して作業開始です。

 

裏面からキーボードを固定しているネジが4本あります

4本すべて外します。

 

表に返して 写真位置の銀色のモールをへらを差し込んで取り外します。

キーボードの隙間からへらを差し込ん、上位置と左右にあり下は差し込んでいるだけです。

 

キーボードを外した状態です。

 

内部に接続されているラッチを上方向に上げて、ケーブルを外します。

外した個所に新しいうぃキーボードを取り付けて、内部ケーブルをラッチに差し込んで固定します。

 

後は、軽く周囲を抑えてツメにかませていきます。

 

銀のモールを取り付けて パソコンの裏面から外したネジ4本を取り付けて固定します。

 

バッテリーを取り付けて 電源を入れて起動確認をします。

 

電源投入後 止まらないでWindowsがたりあがりました。

 

最後にキーボードを押してみて 不具合のキーが無いか確認していきます。

 

特に問題なく マザーボードに影響されてなく 以前の状態に戻りました。

 

これで本日のパソコン修理の完了です。

 

 

HOME