WinXPをまたまだ使いこなす ①拡張子を表示する | 北九州市八幡西区『パソコン修理・データ復旧』IMオフィス
北九州市八幡西区『パソコン修理・データ復旧』IMオフィス

WinXPをまたまだ使いこなす ①拡張子を表示する

2014年04月01日

拡張子とは、WINDOWSでファイルの種類を特定するために必要のもので、ファイル名の後に「.(ピリオド)+半角英数字1~4文字」で表される。これを表示するには、「ツール」メニュー→「フォルダオプション」→「表示」タブを開き、「登録されている拡張子は表示しない」のチャックをはずして「OK」をクリックする。

※拡張を表示させるとファイルの種類がわかり便利だが、不用意にファイル名から消してしまうと、ファイル事態が見られなくなってしまうので注意。