北九州市八幡西区『パソコン修理・出張サポート』IMオフィス

パソコン起動速度の改善

2014年03月14日

会社の同僚の娘が、インターネットで落とした動画が、ウィンメディアプレイヤーで再生できない DVDビデオで再生できないので、どうしたらできるようになるか教えてほしいと言うことで、自宅にノートパソコンごと持ち込んできました。

 

そのときは、まだ自営業としての仕事はしていなく、知人 知り合い 会社の人にパソコンの事に関して頼まれれば、無料でやっていた時期です。

 

早速パソコンを起動してみました。けれども なかなか WINDOWSのログオン画面に行かない。
数分待って、やっと立ち上がり環境を調べてみる。

 

ウイルスソフトあれこれ入れていて無料ソフトを入れて4本インストールされていた。
購入して3年程度たっているけど、一度もデフラグ チェックディスクはやっていない。

 

不要と思われる常駐ソフトが4~5本程度 購入時のまま

動画の変換作業をする前に、環境改善をやらなければ、オーサリングに時間がかかりいつ終わるかわからない。早速本人の許可を得て、ウイルスソフトを1本に絞り、不要常駐ソフトの解除、デフラグを行い、アクテブディッスクトップを解除。

 

やっと元もに作業できる状態になりました。

 

再生できるコーデックをインストール ウィンメディアプレイアーで再生できた。
次は、DVDビデオの作成だ

 

オーサリングソフトをインストール して、ソフトの使い方を説明

その前に、DVDビデオの知識として、DVDメディアの種類いついて説明 レンタルDVDと家庭ないDVDの保存方式の違いと、メリットとデメリットの説明

 

後コピーガードの知識と少し教育して オーサリング開始
一応 DVDビデオとして再生可能なDVDビデオとして完了した。

 

2018年9月11日追加

現状 高速設定の定番としてSSD換装をお勧めしています。

 

現行のハードディスク搭載のCPU Core i7搭載のパソコンと SSD搭載のCPU Core i3搭載のノートパソコンの体感速度は、後者の断然早く感じます。

 

理由は簡単なことで なんぼ高速なCore i7を積んでいても 一番遅いハードディスクの測度でうごいてるからです。

 

よく パソコンショップやネットショップの広告で「Core i7搭載パソコン」などうたわれて 安く販売していますが、結局パソコンは、すべての部品のトータルバランスが取れていないと、本来の高速のCPUの能力を生かしきれません。

 

高速CPUに対して メモリーの規格と積載量 ハードディスクなのかSSDなのかで、早さも 値段も変わってきます。

 

格安パソコンの購入はご注意をしてください。

 

関連記事

  1. DELLノートパソコン(Inspiron 14R)SSD換装
  2. 起動しなくなったHP Pavilioノートパソコン SSD換装
  3. Lenovo ノートパソコンSSD換装及びOS新規インストール
  4. Lenovo 3000 C Senes ハードディスク取り出し バックアップ
  5. SONY SLV241A1N SSD換装及びWindows10アップグレード
  6. Windowsアップデート中に電源を切って動かなくなったNECノートパソコン
  7. 電源を入れるとすぐに切れる NEC VersaPro VA-B ノートパソコン
  8. TOSHIBAノートパソコン CX/E215C ハードディスクの取り替え
  9. リカバリー途中で止まる NEC PC-GV251WZAC
  10. Windowsアップデート進まない 遅い 出来ない