北九州市八幡西区『パソコン修理・出張サポート』IMオフィス

リカバリ後のWINDOWSアップデートについて

2015年02月26日

最近あった話ですが、3年前に購入したパソコンのハードディスクがクラッシュして、
修復リカバリの作業を行いました。

なぜハードディスクがクラッシュしたかというと、幾度の電源の強制終了によりなったことです。その パソコンは、購入時からサービスパックの適用がされ

ていなく、WINDOWSアップデートもほぼ停止状態、ウイルスソフトもサービスパックが導入されていなかったので、非対応状態で更新されていませんでした。

その状態では、ウイルスの混入 アドウェイ広告の混入は、しかたありません。そのためフリーズは、繁盛の起こり 強制終了することになっていました。

当然 リカバリ完了後は、WINDOWSアップデートを行い、最新にサービスパックを適用して、購入から3年分の更新を行って修理かんりょうです。

起動するたびに 新たな更新がこまめにされて、常に最新の状態ではありますが、起動終了するたびに、『更新しています、しばらくおまちください』の画面がお客様から見れば、おかしな状態にめるのでしょうか?
『修理前はこんなに、更新されていなかったのに、なぜ?直っていないのでは?』
といわれました。

言いたい事は、わかりますが、今までと違い ウイルスソフトもしっかり動いてる、アップデートもこまめにされるように、最新のサービスパックを入れているので、しかたありまえせん。

こまめな メンテナンス アップデートを行って 自分のパソコンを守ってください。

電話1本 かけこみ対応 スピード解決いたします
パソコン修理・ホームページ制作・ヤフオク出品代行・パソコンレクチャー
パソコンのことなら何でもご相談ください

 

関連記事

  1. 容量不足のCドライブ50GBのハードディスクを2TBドライブに交換
  2. 画面が真っ黒のまま起動出来ない LIFEBOOK U772/E
  3. LinuxUbuntu 新規インストール
  4. アドウェアウイルス 700件の脅威を除去
  5. レノボノートパソコン認識しなくなった光学ドライブ取り換え
  6. NEC/PC-NS750GAW-E3 水濡れパソコン修理
  7. DELLノートパソコン(Inspiron 14R)SSD換装
  8. 起動しなくなったHP Pavilioノートパソコン SSD換装
  9. Lenovo ノートパソコンSSD換装及びOS新規インストール
  10. Lenovo 3000 C Senes ハードディスク取り出し バックアップ