WINDOWSアップグレート版を新規インストール裏ワザ | 北九州市八幡西区『パソコン修理・データ復旧』IMオフィス
北九州市八幡西区『パソコン修理・データ復旧』IMオフィス

WINDOWSアップグレート版を新規インストール裏ワザ

2015年01月05日

本日は、ウインドウズのアップグレード版を新規でインストール裏ワザをご紹介します。

本来 アップグレード版は、何かしろウインドウズがインストールされたパソコンにしかアップグレードできません。でもある裏技を使えば、未ウインドウズインストール状態でもアップグレード版がインストールできます。

アップグレード版がインストール時に確認するのは、WINDOWSフォルダがあるか無いかで、インストールできるかできないの判断している。

 

フォーマットされた状態のHDDを事前に他のパソコンにUSB接続などでつないで、WINDOWSの空のフォルダを作ります。

インストールするパソコンにHDDを戻しインストール開始する。

インストールが完了すると、事前に作成したWINDOWSフォルダにoldの文字が付保存あれています。

もともと空のフォルダなので、別段そのままでも問題はありません。

気になる人は、削除してください。

ただし プロテクトがかかっていて普通の状態では、削除できないので、フリーソフトなどを使用して削除してください。